タグ別アーカイブ: 避難生活

若い世代が!!

今朝の地元紙に、「学生 食堂で憲法論議」、「教授・弁護士ら助言役『原発』や『武力』テーマで 徳大で初の試み」という記事が目にとまりました。

「憲法食堂」すばらしいネーミングです。このつどいに参加をしていた方からも雰囲気を聞きました。こんな企画を通して若者が、関心を高める機会になればと思いました。拍手です。

次回5月18日の案内チラシも見せていただきました。

我々も徳島の若い世代を対象に、「2014東北被災者支援ボランティアin福島」を今年も企画しています。

「わたしたちA、S、Tは民青同盟・日本共産党と協力し、現地で避難生活をされている方々へ物資を届けたり、今のくらしがどのような状況なのかを聞き取る活動を毎年やっています」と・・・。

是非ご一緒に参加しませんか。連絡先は088-656-0071(さなだあきらさん)までご一報ください。

学生さんなど若い世代の参加を呼びかけます。

2014.3.7脱原発金曜日行動87回目 026

原発ゼロ大統一行動に参加します!!

昨日の87回目の原発なくせ、再稼働やめよの金曜日行動に参加し、リレートークでも訴えました。

東日本大震災、福島原発事故からまもなく3年をむかえます。

福島では地震・津波による直接死よりも、避難生活などを強いられ、心労で命を落とす「震災関連死」が上回り、福島県内で最多になっているのが南相馬市だと今週の日曜版で報じられています。

私は以前1ヶ月ほど南相馬市へ、ボランティアとしていきました。この事態は人災そのものです、心が痛みます。2014.3.7脱原発金曜日行動87回目 026

原発が奪ったものを、直視することが政治の責任です。

明日は、東京で0309原発ゼロ大統一行動が行われます。金曜日行動で、「私はこの首都行動に参加します」と述べました。

五感をとぎすませて、この集会に出てきます。