タグ別アーカイブ: 立場

S2140008

県教委へ申し入れ!

今朝の朝宣伝、地元上八万の皆さんとともに、「大飯原発再稼働認めず」、「厚木騒音訴訟自衛隊機の飛行差し止め」などの素晴らしい判決を知らせ、安倍政権の暴走ストップの審判を徳島からと訴えました。

安倍政権の暴走との関連で、党が発表した「安倍政権の『教育委員会改悪法』に反対する国民的共闘をよびかけます」というアピールを県教委に渡し、教育次長らと懇談しました。

この「教育委員会改悪法」は、衆院で強行可決されましたが、全国の教育関係者が立場を超えて、心配や反対を表明。 世論調査でも75%の人が「政治家が教育内容をゆがめない歯止めが必要」と答えています。 侵略戦争の美化の「愛国心」教育と異常な競争原理の押し付けという、“安倍教育改革”を強行するため、教育委員会を国と首長の支配下におくこれがこの法案の正体です。

懇談では、突っ込んだ見解は示されませんでしたが、政治的立場を超えて「教育への政治支配は許せない」、「教育委員会制度の改悪反対」の声をさらに広げようと思いました。 さっそく地域の小集会でも報告しました。 S21400082014.5.22県教育委員会と懇談 山田2

2014.4.13美馬市議選うたみ出陣式 054

宇民さんがんばれ!!

今日美馬市議選が告示されました。あいにくの雨の中、100人を超える方が「宇民さんがんばれ」、「今度こそ勝利を」という気概に満ちた出発式になりました。

宇民候補も元気よく第一声を述べ、「皆さんのご支援で、今度こそ議会に送り出してください」と訴えました。

その後上村県委員長、古田県議とともに街頭演説をしていきました。

この4月から消費税増税で、市民生活が大変な中、美馬市政でも国保税が1世帯あたり1万3千円の値上げなど、市民生活にダブルパンチとなり、深刻な影響はまちがいありません。

市政の真っ先にやるべき仕事は、市民の福祉の向上のはずです。この仕事を進めるために、市民の立場で市政をチェック・監督する市議会の仕事がとても重要です。

しかし今の市議会の中で、「市民の多くがのぞむ国保税増税ノーの立場を表明する議員はゼロ。 仕方ない、結構・結構、賛成・賛成というオール与党の議会になっています。市民の願いを代弁する日本共産党の議席がどうしても必要です」と訴えまし

宇民候補は、美馬市には22億8千万円の財政調整基金があります。その一部を使えば国保税の引き下げは可能だと財源も示しながら打開策を語っています。

 5人あまりの大激戦、大接戦です。ご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。