タグ別アーカイブ: 瀬戸内寂聴

S1100019

花・花・花充実した一日でした!!

S1100019あいにくの悪天候のため、地元後援会による神山での花見はできなくなり、木造づくりのとても素晴らしいお宅での花見会になりました。

20人を超える後援会員さんが集い、先日開かれた党大会のダイジェストDVDを見て、手作りのお寿司などを堪能しました。11か月の赤ちゃん、幼稚園児、30歳代、40歳代から80歳代の方まで幅広い年代の人が集い、とても楽しい時間を持てました。

大先輩の方から前回の選挙での厳しい反省と来年の選挙に向け温かい叱咤激励をいただきました。

また「戦争を語る」貴重な経験も聞くことができました。私も今週の日曜版に掲載された瀬戸内寂聴さんの言葉を紹介し、戦争や原発をなくす社会の実現と政治の変革についてあいさつさせていただきました。

写真にあるように未来の有権者の赤ちゃんとわずかに見える桜が印象的です。

その後案内いただいた「嵯峨御流いけばな展」に行きました。会場に入る前にとても懐かしい人と出会い感激しました。

いけばなは全くの門外漢ですが、自然の花、草木を愛で、丁寧な説明をいただきやさしい気持ちになれたと思いました。ありがとうございました。

満開のしだれ桜、家の中に運び込まれた桜、うつくしく、やさしい生け花、とても充実した一日でした。

 

DSCF2171

90回目の金曜行動!

今朝は徳島駅前での朝宣伝からスタート。そして夕方そごうから流れる音楽が終わると、原発ゼロ・再稼働反対徳島有志の会による金曜日行動でした。柔らかい日差しも残る6時頃の駅前でした。

徳島では90回の節目の行動ですが、東京での首相官邸前の抗議行動・金曜日行動は今日で2年目を迎えるそうです。

この全国の金曜日行動の取り組みが、稼働原発ゼロをつくりだす原動力になっています。さらにこの運動と世論を広げ、安倍内閣が突き進む再稼働を許さず、原発ゼロへ転換させること、これが多くの国民の願いを実現する道です。

リレートークで、伊方訴訟でのアーサー・ビナードさんの「伊方原発の再稼働は、瀬戸内海を殺す」という意見陳述を紹介し、瀬戸内寂聴さんの「原発は人災、人災は防げる」という訴えも紹介しました。

「原発反対」「子供を守れ」、「伊方原発再稼働反対」こんなコールをし、原発ストップの替え歌を歌い四国電力徳島支店へ向けパレードしました。DSCF2171

S1080001

「チャンスはつかみ取ること」!!

S10800013月30日付のしんぶん赤旗日曜版が届きました。一面に「91歳 安部首相をしかる」という作家、僧侶の瀬戸内寂聴さんの紹介が目に飛び込んできました。

「戦争も原発事故も人災。人災は人間の力で防ぐことができる」―憲法擁護と原発再稼働反対を精力的に訴える瀬戸内寂聴さんの記事を一気に読みました。

「いまの憲法では戦争をすることができないでしょう。だから安倍晋三首相は、何とか理屈をつけて、日本を戦争できる国にしようとしているのです」ズバッと本質を突く言葉です。

「戦争や原発事故は人災です。人災は人間が起こしたもの。だから人間がそれをしない、使わなければ防ぐことができるのです。…戦争も原発再稼働も、それでもうかる人がいるからやりたがる。」その通りです。

「ようやく、ぐうっと上向いてきましたね。今一番まっとうなことを言っているのは共産党と赤旗です。・・・やってきたチャンスにボヤッとしていたらダメです。チャンスはつかみ取ること。」寂聴さんの言葉がズシッと心に響きます。

今日も「この新聞をお読みください」と地域を回りました。