タグ別アーカイブ: 安倍政権

S2140008

県教委へ申し入れ!

今朝の朝宣伝、地元上八万の皆さんとともに、「大飯原発再稼働認めず」、「厚木騒音訴訟自衛隊機の飛行差し止め」などの素晴らしい判決を知らせ、安倍政権の暴走ストップの審判を徳島からと訴えました。

安倍政権の暴走との関連で、党が発表した「安倍政権の『教育委員会改悪法』に反対する国民的共闘をよびかけます」というアピールを県教委に渡し、教育次長らと懇談しました。

この「教育委員会改悪法」は、衆院で強行可決されましたが、全国の教育関係者が立場を超えて、心配や反対を表明。 世論調査でも75%の人が「政治家が教育内容をゆがめない歯止めが必要」と答えています。 侵略戦争の美化の「愛国心」教育と異常な競争原理の押し付けという、“安倍教育改革”を強行するため、教育委員会を国と首長の支配下におくこれがこの法案の正体です。

懇談では、突っ込んだ見解は示されませんでしたが、政治的立場を超えて「教育への政治支配は許せない」、「教育委員会制度の改悪反対」の声をさらに広げようと思いました。 さっそく地域の小集会でも報告しました。 S21400082014.5.22県教育委員会と懇談 山田2

10174838_235846339956071_8592401423686002886_n

「市田さんが日本共産党をまるごと話します」!!

10174838_235846339956071_8592401423686002886_n

地域で後援会ニュースを配布しながら、あいさつに回りました。この地域は今が田植えの真っ最中、あぜ道での話にもなりました。

「TPPどうなっているんで、心配ないんだろう」と。

もともと安倍政権がTPP参加を決めた際「重要五項目」が守れないかぎり,「交渉から脱退も辞さない」と公約しています。

「関税の撤廃はもちろん削減も公約に違反するのは明らか、TPPからの撤退こそ急ぐべきです」と・・・。話が弾みました。

市田忠義副委員長の「日本共産党を語りあうつどい」に、地域の支部の方たちとお誘いにいきました。

「市田さんが日本共産党をまるごと話すよ」というと「参加する」との返事、期待が高まります。

 

山田豊事務所びらき案内ビラ5月13日大きい画像

大きな変化が!!

山田豊事務所びらき案内ビラ5月13日大きい画像

今朝は、上村きょうこ県議予定候補とともに、、徳島駅頭の朝宣伝からスタート。

「憲法を壊し、日本を海外で戦争をする国」にしようとする安倍政権の暴走は、ストップさせよう」と訴え、地元の徳島新聞でも社説で「解釈改憲の暴走はやめよ」と報道、加藤紘一元自民幹事長も、日曜版の紙上できびしく批判、保守の政治家、マスコミを含め海外で戦争する国づくりは許せないという声が徳島はもちろん、日本中に広がっています。

徳島から安倍政権の暴走ストップの審判を、今度の県議補選で示そうと訴えました。

地域を回っていくと、戦争に巻き込まれる危険を感じている、共産党ががんばってほしいとの期待の声が多く出されました。中でも女性の声が多くありました。

地域で自民党の役員だった方の奥さんも、「不安を感じています。是非こんな流れを断ち切ってください」と日曜版の購読もしていただきました。大きな変化が起こっています。

古田美知代県議の事務所を、お借りして明日事務所開きを行います。」古田さんと一緒に、事務所周辺をご挨拶に回りました。

いよいよです!

84b3a584444ab59826d934315aaad3c3[1]

チラシを持って!

84b3a584444ab59826d934315aaad3c3[1]9568e407b19a94e7b350ed5060ae6d15[1]

今朝は徳島市内で、安倍政権の暴走ストップ、県政改革などを街頭から訴えました。

差し入れや拍手・握手に励まされました。久しぶりに会えた人とも短時間話ができました。とてもよかった。

午後から県委員会が作成したチラシが届き、さっそく地域や団体の皆さんへのあいさつにもっていきました。

このチラシを、手配りで配布するのも我々の活動の中心です。党員や後援会員、支持者の皆さんのご協力に感謝です。

「チラシ持ってきて」こんな連絡もいただきました。

党派を超えた人たちも、支援の輪に参加してくれています。

私も決意が新たになりました。

おかしい政治変えて!!

今朝は、上八万のローソン前での朝宣伝からスタートです。

地元の支部の皆さんが旗を持って、ともに立ってくれます。心強い援軍です。

今朝の地元紙に「(徳島選挙区の県議補選に)主要政党の公認、推薦候補がほぼ出そろった」との報道がありました。

「自民独占はあかんでな、がんばってや」、「自共対決ですね、是非勝利してくださいね」、「任期が1年足らずですね。それならものを言ってくれる即戦力の山田さんに出てもらわんと」などなど温かい激励を今日もいただきました。

主体的力量でいえば、わが党は他党より小さな力です。

しかし今の安倍政権への不安、不満、懸念の声、県議会でのオール与党のなれ合い政治にたいする怒りの広がりなど、「おかしい政治を変えてほしい」これが多くの市民の思いです。

私は、この思いを共有し、提案と運動、論戦の力で県政を動かします。

 

14-5-11

びっくり日曜市で!!

14-5-11

今朝は、古田県議、上村県議予定候補とともに、「びっくり日曜市」で宣伝からスタートです。

人・人・人・・・活気があります。若い人たちに話すと「東京から来ました」とのこと。すごいエネルギーです。

古田県議の案内で、買い物客の皆さなどにご挨拶で歩きました。

「集団的自衛権はどうしてもやめさせんと」、「消費税10%だけはストップさせて」、「政治を変えてね」などなど安倍政権の暴走への不安、不満、懸念の声が次々上がり対話が弾みます。

知り合いの方や久しぶりに会った方、昨日の駅前での街頭宣伝の写真をくださった方など今朝もあたたかい激励をいただきました。

その後市内の農村部で「TPPからの撤退を」と訴えました。今日は風が吹き暑さもほどほど、県議補選で私の立候補の意気込みと政策を語り続けます。

古い知人の方も、対話活動にご近所の知り合いを回ってくれるなど党の枠を超えた支援も広がり、感謝です。

記者会見後初めての日曜日でしたが、様々な行動にとても元気をいただきました。

 

 

 

 

201405101332001

各地で街頭宣伝!!

全県支部交流集会が開かれ、県議補選・一斉地方選勝利にむけて活発な議論がされました。

会議の冒頭、私も自・共対決に競り勝ち、徳島から安倍政権の暴走ストップの審判を下そうと訴えました。

その後徳島市内の各地で、街頭宣伝を行いました。この行動には長女もアナウンサーとして参加しました。201405101332001

非常に日差しが強く、汗を拭きながらの街頭宣伝でしたが、県議補選での党の政策について訴えました。

たくさんの方から激励をいただき、元気が出ました。

 

100_1005

県議補選出馬の記者会見!!

今日午後から、県庁で上村県委員長とともに県議補選の立候補の記者会見を行いました。

来春の県議選立候補の記者会見の時とは、マスコミ関係の皆さんの雰囲気が違っているなと感じ、直近の選挙とあって関心が高いのだなと思いました。

それだけにこの選挙は、県政の今後を左右するとともに、安倍政権の暴走に審判を下す絶好の機会です。

戦争に巻き込まれる不安が広がる中での集団的自衛権の行使容認、消費税8%に続き、来年には10%の大幅増税、徳島の農業・医療・地域経済を壊すTPP、史上最悪の労働法制の改悪などなど、「こんな悪政ストップを」と声をあげる選挙です。

自民・共産の対決、自共対決に競り勝って、安倍政権の暴走ストップの流れをこの徳島から起こします。

県政論では、知事の提案に何でも結構・賛成というオール与党の県議会の中で、県民の立場で県政をチェック・監督する議席が求められています。

全国でも例を見ない徳島化製の多額の県費補助、暮らし・福祉には冷たく鉄道高架など大型開発を進める逆立ちした県政を正すために力を尽くします。

また「委員会審議がたった15分」、こんな記事もありましたが、県議会の改革も強く訴えます。

私が勝利して、日本共産党の議席が増えてこそ、命・くらし・平和の県民の願いが前進する最も確かな保障です。

「安倍政権の暴走政治を容認・追認の議員か、ストップめざす議員か」、「オール与党で何でも賛成の議員か、県民の立場で県政をしっかり監視する議員か」争点は鮮明です。

 

S2090011

つつじが満開!

昨日は、党と後援会の緊急決起集会や県委員会総会がありました。

安倍政権の暴走が、平和・くらし・社会保障・雇用・地域経済などなどさまざまな分野で国民との矛盾を広げています。

県政でも、県民の立場を離れるオール与党の政治が続き、県民の願いに立った県政改革が求められます。

「安倍政権の暴走ストップ!オール与党の県政ノー」の声を上げ、自共対決で勝利をめざそうと確認しました。

今日も梯 富子元徳島市議とあいさつに回りました。柔らかな雨が降っていましたが、あちらでもこちらでもつつじが満開、初夏の候を感じながら対話を重ねました。

以前のブログにも紹介した「ハンカチの花」は散ってしまいましたが、つつじを始めいろいろな花が咲き乱れ、季節は確実に進んでいます。

ある方から、「ハンカチの花はどんなもの」と聞かれ、「新聞でもときどき報道されていますよ、私の撮った写真をアップしておきます」と答えましたが・・・。S2090011

若者に何をもたらすか!

今朝は徳島駅前での朝宣伝からスタートです。昨日メーデーで訴えた労働者派遣法の大改悪ストップそして明日の憲法記念日での憲法9条を守ろうと訴えました。

その後の会合の中で、ニコニコ超会議3での安倍政権が狙う集団的自衛権の行使問題が話題に上りました。行使容認となれば、海外での「武力の行使をしてはならない」、「戦闘地域に行ってはならない」という「歯止め」が外されてしまいます。

志位委員長が「これが若者になにをもたらすか」と・・・。

NHKの特集で、イラクに派兵された自衛隊員延べ1万人のうち1~3割が、精神の不調を訴え、28人が帰国後に自殺していると伝えられたとのこと。深刻です。

アメリカではアフガン・イラク戦争の帰還兵の3分の1、60万人がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、1日平均22人が自殺でなくなっているとのこと。本当に驚きです。

戦争に駆り出されるのは若者です。集団的自衛権の行使というのは、若者がそういう状況に追いやられるということです。

若者を戦場に送るな、声を大にして叫びたい気持ちを持ちました。