タグ別アーカイブ: 呼びかけ

2014.5.3「9条の会徳島」講演会・集会 025

憲法記念街角トークに!

S21100052014.5.3「9条の会徳島」講演会・集会 025今日5月3日は、憲法施行67周年記念日です。

九条の会徳島の呼びかけで、街角リレートークに参加し、訴えさせていただきました。

いつもより人通りも多く、若者の姿も多く見かけました。

集団的自衛権行使容認、漢字10文字の難しいもののように思われますが、中身は、この集団的自衛権が行使容認されたら 、現在憲法でうたわれている海外での「武力の行使はしてはいけない」、「戦闘地域に行ってはならない」という歯止めが外されてしまうという危険な状況に日本を変えることになります。

昨日もブログに書きましたが、「これが若者に何をもたらすか」イラク戦争に派兵した自衛隊員が精神の不調を訴え、28人も自殺という報道、アメリカではもっと深刻な状況が生まれており、この悲惨な戦争の実相を若者にむけ訴えました。

「若者を戦場に送るな」今日もマイクから強く訴えました。

午後から「マスコミ9条の会」の発起人でもある報道カメラマン石川文洋さんの記念講演を聞きました。

「戦場カメラマンからみた憲法9条ー今、若者に問いかけるー」という題で、ベトナム戦争、沖縄の米軍基地の実相をリアルな写真を通してお話しされました。

戦争の悲惨さ、9条の意義、平和の尊さを訴えられました。石川さんが「感動は人生の見えない財産」とサインされましたが、素敵な言葉です。

石川さんを先頭に、アイラブ憲法のパネルを掲げ、駅前まで行進しました。この輪をさらに広げよう!

S1050019

すごかった!原発ゼロ☆大統一行動

S1050019 3万2千人の熱気、すごかったです。高速バスで参加しましたが、眠気も吹っ飛びました。

 人、人、人、多くの人は会場には入れない状況のなか、私と妻は会場の日比谷野外音楽堂に入ることができました。それもなんと最前列に座ることができました。

 反原連のミサオ・レッドウルフさんの呼びかけで始まり、被災地の福島の3人の方が、それぞれの思いと決意を語られ、胸が熱くなりました。

 ゲストの坂本龍一さんが、あの3・11から1ヶ月後に、原発事故で苦しむ人々に思いを寄せて作った曲等を紹介、「困っている人に寄り添って」というスピーチとともにとても感激しました。

 「日比谷野音の参加者は、請願デモは控えていただき、請願行動は会場には入れなかった人たちにゆずってください」とのことで、私たちは直接国会正門前へ歩きました。

 国会前行動でも、運良く会場の近くに足を止めることができました。テンポのいいコール、音楽そして志位さん、笠井さん、吉良さんらを始め、政治家のスピーチにも耳を傾けました。国会大包囲行動もすごいエネルギーでした。肌寒さは少しありましたが好天にも恵まれ、充実した時間を持つことができました。

 「原発ゼロ、再稼働ノー、福島を忘れるな」の思いを体いっぱいに感じ、帰路につきました。

 今日は3・11東日本大震災、福島原発事故から3年目を迎えます。徳島でも18時から徳島駅前で、原発ゼロ徳島連絡会主催で「3・11集会とパレード」が開かれます。私も参加します。

原発ゼロ「3・11集会とパレード」

 「原発ゼロ・徳島連絡会」の幹事会が開かれ、3月11日に徳島駅前で「3・11集会とパレード」を開くことが決まりました。

 東日本大震災と東電福島原発事故から3年目を迎えます。今なお14万人もの人々が避難生活を余儀なくされ、放射能汚染水漏れなど事故収束のメドも全く立っていません。

 先日安倍内閣は原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、原子力規制委員会の基準に適合した場合は「再稼働を進める」と明記するなど、改めて原発推進の姿勢を示しました。

 国民の反発を恐れ、少し言葉をいじっただけ、福島事故への反省が全くありません。

 全国では、「首都圏反原発連合」、「原発をなくす全国連絡会」、「さようなら原発1000万人アクション」の呼びかけで、3月9日に日比谷野音・国会議事堂周辺で「0309原発ゼロ大統一行動」が開かれ、原発ゼロへの国民の声を大きくしていくために、3月11日前後を「ノーニュークスウイーク」として様々な行動が呼びかけられています。

 原発ゼロ徳島連絡会では、「伊方原発の再稼働反対」、「福島を忘れるな!再稼働許すな!3・11集会とパレード」を開きます。

3月11日(火)午後6時徳島駅前(30分集会その後パレード)

 またさよなら原発徳島実行委員会でも、3月15日(土)14時からあわぎんホール大会議室で中里見先生の「脱原発と憲法9条をあきらめない」と題した記念講演と総会が開かれます。