タグ別アーカイブ: 古田書記長

2014.5.9山田早朝宣伝 130

徳島駅頭朝宣伝で!!

2014.5.9山田早朝宣伝 130

今朝は、徳島駅頭での朝宣伝でした。古田書記長、上村県議予定候補とともに訴えました。

私は、一昨日6月6日告示、6月15日投票の徳島選挙区(徳島市と佐那河内村)に立候補する記者会見をしました。

この県議補選は、四国の一地域の選挙ですが、とても重要な意義を持つ選挙戦です。

2014年、一部の中間選挙をのぞき、住民が安倍政権の暴走に審判を下す絶好の機会ができたことです。

消費税の10%への大増税、憲法を壊し海外での戦争に進む道である集団的自衛権の行使容認、徳島の農業・医療・地域経済を壊すTPP、「こんな悪政ストップを」という声を徳島から上げる選挙です。

県政の面では、任期1年足らずという中で、県政を県民の立場でチェック・監督ができる議員かオール与党の一員で、「結構・結構、賛成・賛成」という議員を選ぶのか争点は明確です。

「過疎や人権など重要課題なのに、県議会の委員会が5分で終了」、有識者からは「様々な角度から議論し、積極的に発言し、政策に反映させるのが議員本来の姿だ」とも・・・。

「議員本来の姿」この点も県議補選で問われます。

私は、この間県民の皆さんからいただいた切実な願いをまっすぐ県政に届け、その実現のためにも徳島化製の県補助金や大型開発など無駄な支出ををストップさせる議論を進めます。

「あらゆる角度から支出の無駄を洗い出し、本当に県民が求めている施策に充当すべきだ」県の冊子にあった県民の意見です。

「オール与党の一員か県民の立場で筋通す議員か」県政論でも争点は鮮明です。夕方は、96回目の原発ゼロ・再稼働反対の金曜日行動に参加し、手塚さんらとともにリレートークで訴えました。

 2014.5.9金曜日行動 048

県党会議が終わりました

いっせい地方選の勝利めざし、第54回県党会議が終わりました。今年の中間選挙、来年のいっせい地方選勝利、全党あげての党勢倍加と世代継承をめざす「総合計画」を採択しました。

県委員会の三役には、引き続き上村県委員長、古田書記長、私が副委員長になり、新たに古田県議も副委員長に就任しました。

東京都知事選では、マスコミの「2強」報道を超え、宇都宮さんが大健闘。都知事選で日本共産党が推薦した候補者が、20%を超える得票率をとったのも1983年以来とのこと。様々なジグザグはありますが、歴史は動き、明日への希望につながる選挙だったと感じました。