タグ別アーカイブ: 判決

10402576_244271539109855_2943320430074317087_n[1]

大飯原発運転再開認めない判決!!

古田県議とともに、徳島市南部を街頭宣伝で回りました。

久々に出会った方とがっちり握手、わざわざ車を止めて「頑張って」と手を出された方など今日も様々なドラマをいただきました。

街頭宣伝終了直後ビッグニュースが・・・。

福井地裁で、関西電力大飯原発3・4号機の再稼働差し止め命じる画期的な判決が出ました。

「差し止め認める」、「司法は生きていた」当然とはいえ、素晴らしいニュースです。

夕方県委員会の近くのお地蔵さんと楽しい対話!?ゆっくりとした時間が楽しめます。

陽が長くなりましたが、夜までもうひと頑張り、歴史は動いています。

10402576_244271539109855_2943320430074317087_n[1]

10341774_256705421179537_5455132855351678205_n[1]

 

1票の格差を広げていいのか!!

  徳島県議会の定数を、徳島・板野両選挙区で1減する案が、県議会の選挙区検討委員会で、自民県民会議など2会派が提案したようです。

 区割りと定数は、何よりも民意が正確に反映することが基本です。1票の格差については、衆院の小選挙区選挙などについて、相次いで「違憲」判決が下っています。

 憲法の保障する「選挙権の平等」、「投票価値の平等」の原則にてらしてきわめて当然な判決です。

 ところが、今回の自民県民会議など2会派の提案どおりに、徳島・板野両選挙区での定数1削減を行えば、議員1人あたりの人口で、徳島が那賀選挙区の2.87倍、板野が2.60倍になります。

 ちなみに1票の格差でみると、徳島が那賀の2.37倍に、板野が2、17倍と2倍以上の格差になります。

 「選挙平等の原則」、「投票価値の平等」という視点からの検討が必要で1票の格差を広げることはあってはなりません。