タグ別アーカイブ: 共産党

10306763_240918116115560_5270554511253471940_n

事務所開きが!!

10306763_240918116115560_5270554511253471940_n

10339767_240918222782216_5910647363500853685_n

山田豊後援会の事務所開きが夕方あり,大勢の方に参加をいただきました。

多くの党員・後援会員・支持者の皆さんの協力でスタートが切れました。本当にありがとうございました。

とくに古田県議には大変お世話になりました。

その古田県議の司会で、各方面の皆さんから、温かい激励をいただきました。

皆さんからいただいた激励や言葉をしっかり受け止め、全力を尽くします。

事務所のど真ん中に、古田県議が書いた「選ぶならやっぱり一人は共産党」このスローガンが今度の県議補選での合言葉です。

情勢が、大激変しています。この事務所を拠点に、政策を堂々と訴えぬきます。

 

山田豊事務所びらき案内ビラ5月13日大きい画像

大きな変化が!!

山田豊事務所びらき案内ビラ5月13日大きい画像

今朝は、上村きょうこ県議予定候補とともに、、徳島駅頭の朝宣伝からスタート。

「憲法を壊し、日本を海外で戦争をする国」にしようとする安倍政権の暴走は、ストップさせよう」と訴え、地元の徳島新聞でも社説で「解釈改憲の暴走はやめよ」と報道、加藤紘一元自民幹事長も、日曜版の紙上できびしく批判、保守の政治家、マスコミを含め海外で戦争する国づくりは許せないという声が徳島はもちろん、日本中に広がっています。

徳島から安倍政権の暴走ストップの審判を、今度の県議補選で示そうと訴えました。

地域を回っていくと、戦争に巻き込まれる危険を感じている、共産党ががんばってほしいとの期待の声が多く出されました。中でも女性の声が多くありました。

地域で自民党の役員だった方の奥さんも、「不安を感じています。是非こんな流れを断ち切ってください」と日曜版の購読もしていただきました。大きな変化が起こっています。

古田美知代県議の事務所を、お借りして明日事務所開きを行います。」古田さんと一緒に、事務所周辺をご挨拶に回りました。

いよいよです!

mini_140

「やっぱり一人は共産党」と!

mini_140

地域での対話行動、一斉申請でのあいさつ、小集会のあいさつなど様々な激励を今日もいただきました。

生健会の国保の減免一斉申請であいさつのあと、役員さんから「やっぱり一人は共産党と訴えたら」こんな提案をいただきました。

とても有り難いです。さっそく使います。

今日、安倍首相の私的諮問機関である「安保法制懇」が「報告書」を発表しました。

憲法を破壊し、「海外で戦争をする国」への暴走は許せません。軍国主義復活をめざす暴走と国民の矛盾はますます激化していくことになります。

そんな中、午後に日本共産党の全国会議がありました。

この危険な暴走のもとで、国民世論に大きな変化が起こっていると。9条改憲でも集団的自衛権容認の解釈改憲でも、1年前と比べて「反対」が多数派、政党支持率でも無党派層が圧倒的第一党。

ここに多くの国民が安倍政権の暴走、とりわけ「海外で戦争する国」への暴走に、危機感、不安感を募らせ、そうした気持ちをたくせる政党を模索している姿があると。その通り!

今回の県議補選でも、「新しい政治への模索と探求にこたえることができる議員は」、大いに訴えます。mini_140

 

DSC_0018

消費税増税に反対する署名のお願いに!

DSC_0018「消費税の大増税をやめること」を衆院・参院議長に求める新しい署名を、地域の夫婦党員のかたとともにお願いに回りました。日曜版の購読もありました。

「年金は下がり、消費税は上がる。ほんまに何を切り詰めようか」、「店のものを売り切ったら店をたたむしかない」、「もう10%もしかたがないんかいな」、「給料はあがらんのに負担だけ増える。こんな政治変えてほしい。がんばってよ。共産党しかないけんな」などなど増税の影響と何とかしてほしいという声が、多くの人たちに出ています。

この署名の輪をさらに広げようと思います。

回っている中で玄関の木の格子のとびらのガラスが上の方だけ入れてないお宅がありました。おうちの中へ入ってその理由がわかりました。天井にツバメの巣がありました。このお宅の方の優しい気持ちに触れ、すがしい気持ちになりました。

夕方には93回目の金曜行動に参加しました。いつもより人通りも多く、新入社員の研修帰りの人も多く見かけました。

 

S1080001

「チャンスはつかみ取ること」!!

S10800013月30日付のしんぶん赤旗日曜版が届きました。一面に「91歳 安部首相をしかる」という作家、僧侶の瀬戸内寂聴さんの紹介が目に飛び込んできました。

「戦争も原発事故も人災。人災は人間の力で防ぐことができる」―憲法擁護と原発再稼働反対を精力的に訴える瀬戸内寂聴さんの記事を一気に読みました。

「いまの憲法では戦争をすることができないでしょう。だから安倍晋三首相は、何とか理屈をつけて、日本を戦争できる国にしようとしているのです」ズバッと本質を突く言葉です。

「戦争や原発事故は人災です。人災は人間が起こしたもの。だから人間がそれをしない、使わなければ防ぐことができるのです。…戦争も原発再稼働も、それでもうかる人がいるからやりたがる。」その通りです。

「ようやく、ぐうっと上向いてきましたね。今一番まっとうなことを言っているのは共産党と赤旗です。・・・やってきたチャンスにボヤッとしていたらダメです。チャンスはつかみ取ること。」寂聴さんの言葉がズシッと心に響きます。

今日も「この新聞をお読みください」と地域を回りました。