タグ別アーカイブ: 伊方原発

DSCF2171

90回目の金曜行動!

今朝は徳島駅前での朝宣伝からスタート。そして夕方そごうから流れる音楽が終わると、原発ゼロ・再稼働反対徳島有志の会による金曜日行動でした。柔らかい日差しも残る6時頃の駅前でした。

徳島では90回の節目の行動ですが、東京での首相官邸前の抗議行動・金曜日行動は今日で2年目を迎えるそうです。

この全国の金曜日行動の取り組みが、稼働原発ゼロをつくりだす原動力になっています。さらにこの運動と世論を広げ、安倍内閣が突き進む再稼働を許さず、原発ゼロへ転換させること、これが多くの国民の願いを実現する道です。

リレートークで、伊方訴訟でのアーサー・ビナードさんの「伊方原発の再稼働は、瀬戸内海を殺す」という意見陳述を紹介し、瀬戸内寂聴さんの「原発は人災、人災は防げる」という訴えも紹介しました。

「原発反対」「子供を守れ」、「伊方原発再稼働反対」こんなコールをし、原発ストップの替え歌を歌い四国電力徳島支店へ向けパレードしました。DSCF2171

「原発ゼロ・徳島連絡会」の幹事会が!!

定例の「原発ゼロ・徳島連絡会」の幹事会に出席しました。「福島を忘れるな!再稼働許すな!3・11集会」など3月の取り組みを議論しました。

服部敏彦代表からも伊方原発運転差し止め訴訟の7回目の口頭弁論についても報告がありました。

この口頭弁論で、詩人のアーサー・ビナードさんも、陳述で「福島の浜通りで、いま、この瞬間も残酷な『海ころし』が続いている。それを見て見ぬふりをして、伊方原発を認めたら、私たちは瀬戸内海を“ころす”犯人になりかねない」との訴えは、心を揺さぶります。この声をもっと多くの人に届けねばと思いました。

そして今後の取り組みでは、伊方原発再稼働を許さない取り組み、新エネルギーへの理解を深める社会見学などを協議しました。

また参加者から3月25日から4月8日までシビックセンターで原爆写真展が開かれ、「福島の事故を忘れるな」、「徳島大空襲」なども掲げられているそうです。

朝の宣伝で!!

夜中の地震にはびっくり、飛び起きました。伊予灘を震源とする地震で、震度5強のところもあったようです。

「とっさに伊方原発は」と思いました。多くの方がそういう思いになったことでしょう。伊方原発の再稼働ストップ、原発なくせの声を広げねばと実感しました。

金曜日は、定例の朝宣伝、また寒さが戻っていましたが徳島労連の女性部の皆さんがチラシを配布していました。

今朝の訴えでは、3月9日東京での原発ゼロ大統一行動の報告、昨日の重税反対決起集会や光洋シーリングテクノ関連支部のスト激励と春闘勝利決起集会についても報告しました。

今朝のしんぶん赤旗や地元紙にも、デモの写真が出ていました。

 また古田県議も二月県議会の報告をしていましたが、知事から提出されたすべての議案に結構・結構、賛成・賛成という態度をとるオール与党の県議会を刷新するために日本共産党へのご支援をと訴えました。

原発ゼロ「3・11集会とパレード」

 「原発ゼロ・徳島連絡会」の幹事会が開かれ、3月11日に徳島駅前で「3・11集会とパレード」を開くことが決まりました。

 東日本大震災と東電福島原発事故から3年目を迎えます。今なお14万人もの人々が避難生活を余儀なくされ、放射能汚染水漏れなど事故収束のメドも全く立っていません。

 先日安倍内閣は原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、原子力規制委員会の基準に適合した場合は「再稼働を進める」と明記するなど、改めて原発推進の姿勢を示しました。

 国民の反発を恐れ、少し言葉をいじっただけ、福島事故への反省が全くありません。

 全国では、「首都圏反原発連合」、「原発をなくす全国連絡会」、「さようなら原発1000万人アクション」の呼びかけで、3月9日に日比谷野音・国会議事堂周辺で「0309原発ゼロ大統一行動」が開かれ、原発ゼロへの国民の声を大きくしていくために、3月11日前後を「ノーニュークスウイーク」として様々な行動が呼びかけられています。

 原発ゼロ徳島連絡会では、「伊方原発の再稼働反対」、「福島を忘れるな!再稼働許すな!3・11集会とパレード」を開きます。

3月11日(火)午後6時徳島駅前(30分集会その後パレード)

 またさよなら原発徳島実行委員会でも、3月15日(土)14時からあわぎんホール大会議室で中里見先生の「脱原発と憲法9条をあきらめない」と題した記念講演と総会が開かれます。