タグ別アーカイブ: 世論調査

S2140008

県教委へ申し入れ!

今朝の朝宣伝、地元上八万の皆さんとともに、「大飯原発再稼働認めず」、「厚木騒音訴訟自衛隊機の飛行差し止め」などの素晴らしい判決を知らせ、安倍政権の暴走ストップの審判を徳島からと訴えました。

安倍政権の暴走との関連で、党が発表した「安倍政権の『教育委員会改悪法』に反対する国民的共闘をよびかけます」というアピールを県教委に渡し、教育次長らと懇談しました。

この「教育委員会改悪法」は、衆院で強行可決されましたが、全国の教育関係者が立場を超えて、心配や反対を表明。 世論調査でも75%の人が「政治家が教育内容をゆがめない歯止めが必要」と答えています。 侵略戦争の美化の「愛国心」教育と異常な競争原理の押し付けという、“安倍教育改革”を強行するため、教育委員会を国と首長の支配下におくこれがこの法案の正体です。

懇談では、突っ込んだ見解は示されませんでしたが、政治的立場を超えて「教育への政治支配は許せない」、「教育委員会制度の改悪反対」の声をさらに広げようと思いました。 さっそく地域の小集会でも報告しました。 S21400082014.5.22県教育委員会と懇談 山田2

S2030007

牽強付会!??

「牽強付会」(けんきょうふかい)この言葉を全く知りませんでした。「自分の都合のいいように強引に理屈をこじつける」という意味のようです。

自民党の高村副総裁らが55年前の「砂川事件最高裁判決」を持ち出し、集団的自衛権の行使を容認する「根拠」にしようとしています。まさにこじつけそのものです。

先日、朝日新聞の社説の冒頭で「牽強付会とはこういうことをいうのだろう」と指摘し、他紙でも「無理が通れば道理が引っ込んでくれるとでも思っているのか」、「砂川判決のつまみ食いしてるというほかない」、「限定容認という詭弁」などなど当然のきびしい批判を書いています。

昨日の朝宣伝や今日の女性の会議でも、安倍政権が強引に力でねじ曲げたような理屈しか持ち出せないところに、集団的自衛権行使を容認する解釈改憲の道理のなさが現れていますと訴えました。

そのことはマスコミの世論調査にもはっきり現れています。

安倍政権の暴走政治への懸念・批判が強まっています。昨日戦争体験を語ってきた女性が、我々の仲間に合流しました。

「日本共産党をもっと強く、大きくして、安倍政権の暴走にストップを」全力尽くします。S2030007

DSC_0002

冷たい雨・風の中訴えた!

春分の日。夕方6時前冷たい雨・風のあいにくの天気だったが、徳島駅前での89回目の原発再稼働反対徳島有志の会による金曜日行動に参加しました。

中心になっている手塚さんは、ミニ鯉のぼりを手に持って、カラフルないでたちです。夜に私が主催の会議のため、パレードには参加できませんでした。

いつものリレートークで、私も「国会周辺を含め、全国津々浦々の金曜日行動などの取り組みで、稼働原発ゼロの状況です。NHKや徳島新聞の世論調査を見ても、県民や国民の原発ノーの思いは鮮明なのに、安倍内閣は再稼働にむけ川内原発優先審査などと言い出しています。運動をさらに広げ、原発ゼロを実現しましょう」と訴えました。

DSC_0002先日のさよなら原発の記念講演で、中里見先生が紹介くださった「ドイツ脱原発倫理委員会報告」という本が今朝手元に届きました。さっそく読んでみます。