IMG_0796

地元紙に「徳島東署移転を問う」との連載記事が!!

早いものでもう3月、今朝の地元紙に「徳島東署移転を問う」との連載記事が大きく報じられました。徳島弁護士会グループの3人の弁護士のみなさんと県警の高橋拠点整備課長の意見が掲載されています。
今回のテーマ「権力分立の影響」ですが、明らかに弁護士グループの主張に理があります。四国放送ですでに報じられましたが、24年間裁判官として務め現在法政大学大学院の水野智幸教授も「裁判所と警察署が同じ敷地で並んでいるのは違和感がある」との指摘からしても裁判所と警察が並び立つのは異常です。
しかも今の四電工グループの案は、徳島東署(まもなく徳島中央署に名称変更)が新しく建った裁判所を見下ろすようにもなりますから、違和感はますます増幅します。
さらに東京地検が「リニア談合立件へ」という報道もありましたが、今回の達田県議の一般質問、そして総務委員会の質疑をとおして、この東署を当初落札した大林グループ、そして時点の清水建設グループ、なんと落札率がわずか0・3%、異常に近い入札価格となっていました。リニア新幹線談合疑惑を受け、多くの県民は、この事業でも談合があったのではないか、入札は適正だったのかという疑念を抱いています。しかし県警は、「(東署の入札は適正だったから)談合調査はしなかった」とあきれる答弁をしました。
今こそ徳島東警察署新庁舎の建設予定地を裁判所跡地とした決定は一旦撤回し、現庁舎の北側に隣接する寺島公園等を新たな候補地として加えて検討するなど、慎重に審議したうえで、徳島東警察署庁舎整備基本計画に基づいた県民合意での建設用地の選定が必要です。
少し前に撮った新裁判所前の用地ですが、現在の東署より1000㎡も狭く、駐車場も十分確保できません。狭すぎます。

IMG_0796