2017.9.10.山田県議が90歳超党員訪問 (11)

「元気な姿が私たちの励みになります」と!!

「敬老の日」を前に、今日しんぶん赤旗の藤原記者と共に、徳島市の私の活動区域の90歳を超える皆さんを訪問し、長寿のお祝いと長年の様々な活動に感謝を申し上げてきました。

ニュースでも紹介しますが、みなさん様々な困難はあると思いますが、元気で・明るく、日本共産党のさらなる前進をという声をかけていただき、こちらが激励されました。

お一人、お一人の元気な姿が私たちの励みになります。

2017.9.10.山田県議が90歳超党員訪問 (11) 2017.9.10.山田県議が90歳超党員訪問 (5) 2017.9.10.山田県議が90歳超党員訪問 (3) 2017.9.10.山田県議が90歳超党員訪問 (17) 2017.9.10.山田県議が90歳超党員訪問 (15)

IMG_8339

4年目に入った9条スタンディング!!

九条の会徳島は、今日午後徳島駅南の元町交差点の東西南北でスタンディング宣伝を行い、50人近くが参加し「守ろう憲法9条」の横断幕や「I♡ 憲法」の黄色いプラスターを掲げてアピールしました。
集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議してはじまったこの行動。今日で丸3年となり4年目に入ります。
メモリアルdayの今日は、弁護士9条の会の弁護士さんや労働組合の方、市民など各階層から参加されていました。上村県議や古田元県議、見田徳島市議などと共に私も参加しました。
昨夜「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」のキック・オフ(発足)集会が東京で行われ、発起人・呼びかけ人らがスピーチ。「広範な人たちと共同して“地殻変動”を起こし、安倍政権を倒して憲法9条改悪をやめさせよう」「3000万人を目標に集める憲法9条改悪に反対する全国統一署名をはじめ、今日から全国各地で運動を広げていこう」と呼びかけがありました。この運動に連帯して取り組みます。また11月3日には、恒例のとくしま9条まつりが例年よりグレードアップして準備が進められています。

IMG_8339 IMG_8338 IMG_8342

 

21432754_748467452003329_8821652624368468956_n

白川よう子さんを迎えて日本共産党演説会

用務で川内方面へ、スッキリした秋晴れが広がり、吉野川の川面もキラキラと、吉野川のアーチ橋、そして眉山、写真に収めました。
19時~白川よう子さんを迎えての徳島地区主催 日本共産党演説会が開かれました。
山本千代子徳島1区予定候補、更に白川さんと徳島健生病院で同期入職し共に働いた井上さんが白川さんのエピソードを楽しく紹介しました。
そして大きな拍手で登場した白川さんは、冒頭フジテレビ系で報道された香川県議会議員の海外視察問題を報告、自民系の6人で990万円、呆れます。市民と共にたたかいが始まっていることも語られました。
そして北朝鮮問題、加計学園問題、命とくらしを守り、生活ベースをしっかりつくる政治の実現など怒りと気持ちを込めて報告、なんとしても四国で日本共産党の議席を実現させねばとの思いが伝わってきました。、
最後に四国ブロック比例代表予定候補の白川よう子さんと徳島1区予定候補の山本千代子さん、2区予定候補の久保孝之さんが勢揃いしてガンバロウと・・・                                                                                        a朝は、徳島駅前、金曜日定例の「おはよう宣伝」をいつもの4人で行いました。
北朝鮮問題、野党と市民の共同、瀬戸内寂聴さんなど著名人が呼び掛けた憲法9条改悪反対の全国市民アクションの結成、国保の都道府県化問題、敬老県民のつどいなどを訴えました。演説終了後次々と激励の握手、温かい声援を受けました。

21432754_748467452003329_8821652624368468956_n21370846_748467448669996_9128783793530586510_n21430331_748467455336662_6937070047354450909_n

20286986_748321752017899_1742180047769642742_o

 

21314501_747980898718651_7648556850037520975_n

第48回徳島県敬老県民のつどいに!!

第48回徳島県敬老県民のつどいに県議団全員で参加しました。大会長の飯泉知事が「我が国の平均寿命が女性87・14歳、男性が80・98歳と過去最高を更新し、徳島県は、総人口に占める65歳以上人口の割合が31・8%で全国第5位に位置する“長寿先進県”」とのあいさつがありました。
また88歳の米寿該当者は、今年5月19日時点で徳島県下に5028人とのこと、素晴らしいです。
「人生80年」時代がいよいよ本格化する中、今日のつどいも人生の先輩をお祝いする催しや交流が行われました。
今日の敬老県民のつどいに参加して、誰もが年齢を重ねても平和で安心して暮らせる社会にしていかねばと感じました。
それぞれの持ち味を生かして、個性豊かに暮らす高齢者の姿は、次の世代の大きな励みです。

つどい終了後昼食を取り、控室に戻りました。しばらくして長寿いきがい課に尋ねると、9月1日までの徳島県下の100歳以上の方が、男性63人、女性504人合計567人(正確な数字は市町村から2~3日後に報告あり)とのことでした。また75歳以上の人口割合は、全国13・3%、徳島県は16・4%とのことでした。

21314501_747980898718651_7648556850037520975_n 21371025_747981038718637_5565806196428857787_n 21369270_747981108718630_5675264086951094388_n

ゆったりとした時間が!!

昨夜から県委員会の宿直でした。今まで目をとおせてなかった資料等に目を通し、結構集中できました。

今日は宿明け、一服後控室へ溜まった用務などにあたりました。午後からは定例の党の会議、これからの活動について協議しました。

夜に知人の訃報が・・・とても残念です。

21271075_747222868794454_312944501229002495_n

おはよう宣伝そして大掃除!!

今朝の徳島市は曇天、地元後援会のみなさんやわたなべ亜由美徳島市議と共に定例の地元上八万でのおはよう宣伝、空気も冷たく気持ちよく訴えができました。
北朝鮮の核事件に厳しく抗議し、危機打開のために米朝直接対話をと、また徳島にゆかりがある瀬戸内寂聴さんはじめ著名19氏が発起人になり、9条改憲に反対する3000万人署名を提起する全国市民アクション結成も報告。さらに徳島市政の課題や県政の課題と9月議会への取り組みなども訴えました。
最後に野党と市民の共闘の前進、四国ブロックでの白川よう子さん勝利へのご支援の訴え閉めました。

その後控室へ、9月議会の準備のためにも控室での資料整理の大掃除、途中雨も降ってきましたが、雨にも負けずほぼ終了しました。気分一新して諸活動に取り組みます。

21271075_747222868794454_312944501229002495_n 21272272_747223848794356_6557409865075175045_n 21370986_747223378794403_6216322452693527849_n

IMG_8258

9月県議会がスタート!!

今日から9月県議会がスタート、会長・幹事長が開かれに日程などが提案されました。
その後県内大学の女子学生さんが議会インターンシップで我が会派の議員団会議に参加されました。
「議員になったきっかけは」など質問が出され、なごやかに懇談しました。少しでも参考になればと思います。

今日は盛りだくさんの企画が、徳島文理大の松村 豊大先生の「政策評価について」の全議員学習会、興味深く聞きました。もっと時間をかけて聞きたかったです。

また「国保の都道府県化」についての議連の学習会もあり、頭の回路が容量オーバー気味でした。

IMG_8258

21271363_746500205533387_86818344782461899_n

地域での「3の日行動」!!

早朝より県議団での現地調査に行きました。

自宅に戻ると、コウがすやすやと・・・少し気温が落ち着いてきたせいでしょうか?

今日は「3の日行動」いつもの徳島駅前ではなく、地域でスタンディング。 私も用務で一人スタンディング、徳島市内でも各地で行われました。あるところは、涼しい夕方にスタンディングとのこと。
国府地域では、地域の日本共産党後援会のみなさんと古田美知代元県議が、スタンディングとハンドマイクからのアピール、継続こそ力ですね〜〜
遅い昼食を済ませ、会議でした。

9月度の活動の進め方、情勢や運動の進め方などをみんなで討議、議会が始まりますが強く大きな党づくりをすすめます。

21271363_746500205533387_86818344782461899_n21271124_746500208866720_8427500298064779679_n21231154_746500212200053_1516982370694741081_nIMG_8236

 

理念・政策の違いと政党間の共闘、選挙協力はなんら矛盾しない!!

 めっきり秋らしくなってきました。皆さんとの対話の中で、野党と市民の共闘について様々な声が聞かれます。

市田忠義副委員長のフェイスブックでの掲載、まったく同感です。

それぞれの政党は、理念と政策が違うから別々の党をつくっている。だから、当然、綱領も党名も違う。それが全て同じだったら、同じ党のはずだ。
各政党が、共闘のためにそれぞれの理念や政策を捨てる必要はない。逆に、それを何よりも大切にして頑張ることは政党として当たり前のことだろう。

 その上で、政党間の共闘、選挙協力についていえば、それぞれの党の理念や政策の違いをお互いに認めあいつつ、当面する大事な課題のために、その違いを脇に置いて 、一致点に基づいて行うものである。政権についても考え方の基本は同じである。
例えばわが党は「野党連合政府」の政権合意の中に安保条約廃棄や、自衛隊違憲論など、党独自の考えや政策は持ち込まないことをすでに何度も明らかにしている。

しかも4野党間にはすでに①安保法制廃止、立憲主義回復②アベノミクスによる国民生活破壊、格差と貧困を是正する③TPPや沖縄問題など、国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない④安倍政権のもとでの憲法改悪に反対する、という重要な党首間の合意がある。

これらの合意を大事にし、さらに豊かにしていくための話し合いが重要ではないだろうか。

理念・政策の違いと政党間の共闘、選挙協力はなんら矛盾しない。

安倍政権の暴走と隠蔽、強権政治を打破して、立憲主義を取り戻し、個人の尊厳を何よりも大事にする新しい政治を実現するために、いまこそ「大異」を留保し「大同につく」ことが求められている。

それが、この間の市民の運動と世論に応える道であり、政党としての責任だと考えて奮闘してゆきたい。

「この2年間の共闘の流れは、決して『野党』だけのものではなく、ましてや共産・民進のものではない。安保法制に反対する空前の市民のたたかいの中での『野党は共闘』という声に応えて生まれたものであり、市民とともにつくり発展させてきた国民の共有財産だ。この原点を踏まえ、発展に力をつくしたい」志位委員長の指摘もそのとおり!!

 

21151529_745671442282930_2390217915677146247_n

今日は防災の日

「防災の日」の今日、今年度の徳島県総合防災訓練が始まりました。会場の鳴門ウチノ海総合公園が主会場です。涼しい風が吹いて暑さを和らげてくれました。
徳島県議会の防災服を着て党県議団全員参加しました。
徳島地方気象台の緊急地震速報対応訓練からスタート、展示紹介、防災体験、防災訓練など多彩なプログラムが繰り広げられました。 今日だけでなく、大災害にどう備えるか、考える機会になりました。
徳島県に甚大な被害をもたらすおそれがある南海トラフ巨大地震は、30年以内に70パーセント程度発生確率といわれ、徳島県では最悪で3万1300人の犠牲が想定されています。
また中央構造線断層帯を震源とする直下型地震でも、最大震度7、吉野川北岸などで最悪3440人死亡と推定されています。
ひとつ一つの防災訓練にも力が入ります。

金曜日なので、徳島駅前の朝宣伝、古田書記長、山本千代子徳島1区予定候補と共に訴えました。
北朝鮮のミサイル発射の抗議などと共に今日9月1日が「防災の日」住民の命を守る取り組みなどを訴えました。その後、鳴門市のウチノ海総合公園での県総合防災訓練に参加しました。21151529_745671442282930_2390217915677146247_n 21231953_745671358949605_7003115960597631900_n 21150288_745692192280855_2331035035499950880_n 21191996_745687778947963_5277771485308237452_n 21230966_745615348955206_7079589332079798665_n