14-5-11

びっくり日曜市で!!

14-5-11

今朝は、古田県議、上村県議予定候補とともに、「びっくり日曜市」で宣伝からスタートです。

人・人・人・・・活気があります。若い人たちに話すと「東京から来ました」とのこと。すごいエネルギーです。

古田県議の案内で、買い物客の皆さなどにご挨拶で歩きました。

「集団的自衛権はどうしてもやめさせんと」、「消費税10%だけはストップさせて」、「政治を変えてね」などなど安倍政権の暴走への不安、不満、懸念の声が次々上がり対話が弾みます。

知り合いの方や久しぶりに会った方、昨日の駅前での街頭宣伝の写真をくださった方など今朝もあたたかい激励をいただきました。

その後市内の農村部で「TPPからの撤退を」と訴えました。今日は風が吹き暑さもほどほど、県議補選で私の立候補の意気込みと政策を語り続けます。

古い知人の方も、対話活動にご近所の知り合いを回ってくれるなど党の枠を超えた支援も広がり、感謝です。

記者会見後初めての日曜日でしたが、様々な行動にとても元気をいただきました。

 

 

 

 

201405101332001

各地で街頭宣伝!!

全県支部交流集会が開かれ、県議補選・一斉地方選勝利にむけて活発な議論がされました。

会議の冒頭、私も自・共対決に競り勝ち、徳島から安倍政権の暴走ストップの審判を下そうと訴えました。

その後徳島市内の各地で、街頭宣伝を行いました。この行動には長女もアナウンサーとして参加しました。201405101332001

非常に日差しが強く、汗を拭きながらの街頭宣伝でしたが、県議補選での党の政策について訴えました。

たくさんの方から激励をいただき、元気が出ました。

 

2014.5.9山田早朝宣伝 130

徳島駅頭朝宣伝で!!

2014.5.9山田早朝宣伝 130

今朝は、徳島駅頭での朝宣伝でした。古田書記長、上村県議予定候補とともに訴えました。

私は、一昨日6月6日告示、6月15日投票の徳島選挙区(徳島市と佐那河内村)に立候補する記者会見をしました。

この県議補選は、四国の一地域の選挙ですが、とても重要な意義を持つ選挙戦です。

2014年、一部の中間選挙をのぞき、住民が安倍政権の暴走に審判を下す絶好の機会ができたことです。

消費税の10%への大増税、憲法を壊し海外での戦争に進む道である集団的自衛権の行使容認、徳島の農業・医療・地域経済を壊すTPP、「こんな悪政ストップを」という声を徳島から上げる選挙です。

県政の面では、任期1年足らずという中で、県政を県民の立場でチェック・監督ができる議員かオール与党の一員で、「結構・結構、賛成・賛成」という議員を選ぶのか争点は明確です。

「過疎や人権など重要課題なのに、県議会の委員会が5分で終了」、有識者からは「様々な角度から議論し、積極的に発言し、政策に反映させるのが議員本来の姿だ」とも・・・。

「議員本来の姿」この点も県議補選で問われます。

私は、この間県民の皆さんからいただいた切実な願いをまっすぐ県政に届け、その実現のためにも徳島化製の県補助金や大型開発など無駄な支出ををストップさせる議論を進めます。

「あらゆる角度から支出の無駄を洗い出し、本当に県民が求めている施策に充当すべきだ」県の冊子にあった県民の意見です。

「オール与党の一員か県民の立場で筋通す議員か」県政論でも争点は鮮明です。夕方は、96回目の原発ゼロ・再稼働反対の金曜日行動に参加し、手塚さんらとともにリレートークで訴えました。

 2014.5.9金曜日行動 048

140508_1101~02

すぐに修復!!

140508_1101~02道路のへこみ、さっそく簡易修復!    素早い対策に感謝

昨日の県議補選立候補の記者会見が、テレビや新聞で報道され、地域の活動では、様々な激励をいただきました。

その行動のさなか、蔵本駅東側の踏み切り付近で、四角いへこみができ、自転車で通行している方々が「危険です。何とか対策を」とお話がありました。

早速徳島保線区の方に状況を訴え、対策をお願いしたところ、すぐに簡易修復されていました。素早い対策に感謝です。

あるお店さんでは「アベノミクスと騒いでいるけど、中身は全く逆ですよ。このまま10%になれば店は続けていけません」と。あるお宅は「戦争の危険、消費の落ち込み、こんな政治を山田さん是非変えてほしい」とも・・・。多くの皆さんが不安・不満・懸念を抱えています。少しでも政治の流れを変えるため力を尽くします。

今夜も建設労働組合の班長会に出て、県議補選への協力を訴えさせていただきました。様々な方から叱咤激励をいただき、疲れも吹っ飛びます。

 

 

100_1005

県議補選出馬の記者会見!!

今日午後から、県庁で上村県委員長とともに県議補選の立候補の記者会見を行いました。

来春の県議選立候補の記者会見の時とは、マスコミ関係の皆さんの雰囲気が違っているなと感じ、直近の選挙とあって関心が高いのだなと思いました。

それだけにこの選挙は、県政の今後を左右するとともに、安倍政権の暴走に審判を下す絶好の機会です。

戦争に巻き込まれる不安が広がる中での集団的自衛権の行使容認、消費税8%に続き、来年には10%の大幅増税、徳島の農業・医療・地域経済を壊すTPP、史上最悪の労働法制の改悪などなど、「こんな悪政ストップを」と声をあげる選挙です。

自民・共産の対決、自共対決に競り勝って、安倍政権の暴走ストップの流れをこの徳島から起こします。

県政論では、知事の提案に何でも結構・賛成というオール与党の県議会の中で、県民の立場で県政をチェック・監督する議席が求められています。

全国でも例を見ない徳島化製の多額の県費補助、暮らし・福祉には冷たく鉄道高架など大型開発を進める逆立ちした県政を正すために力を尽くします。

また「委員会審議がたった15分」、こんな記事もありましたが、県議会の改革も強く訴えます。

私が勝利して、日本共産党の議席が増えてこそ、命・くらし・平和の県民の願いが前進する最も確かな保障です。

「安倍政権の暴走政治を容認・追認の議員か、ストップめざす議員か」、「オール与党で何でも賛成の議員か、県民の立場で県政をしっかり監視する議員か」争点は鮮明です。

 

S2090011

つつじが満開!

昨日は、党と後援会の緊急決起集会や県委員会総会がありました。

安倍政権の暴走が、平和・くらし・社会保障・雇用・地域経済などなどさまざまな分野で国民との矛盾を広げています。

県政でも、県民の立場を離れるオール与党の政治が続き、県民の願いに立った県政改革が求められます。

「安倍政権の暴走ストップ!オール与党の県政ノー」の声を上げ、自共対決で勝利をめざそうと確認しました。

今日も梯 富子元徳島市議とあいさつに回りました。柔らかな雨が降っていましたが、あちらでもこちらでもつつじが満開、初夏の候を感じながら対話を重ねました。

以前のブログにも紹介した「ハンカチの花」は散ってしまいましたが、つつじを始めいろいろな花が咲き乱れ、季節は確実に進んでいます。

ある方から、「ハンカチの花はどんなもの」と聞かれ、「新聞でもときどき報道されていますよ、私の撮った写真をアップしておきます」と答えましたが・・・。S2090011

2014.5.3「9条の会徳島」講演会・集会 025

憲法記念街角トークに!

S21100052014.5.3「9条の会徳島」講演会・集会 025今日5月3日は、憲法施行67周年記念日です。

九条の会徳島の呼びかけで、街角リレートークに参加し、訴えさせていただきました。

いつもより人通りも多く、若者の姿も多く見かけました。

集団的自衛権行使容認、漢字10文字の難しいもののように思われますが、中身は、この集団的自衛権が行使容認されたら 、現在憲法でうたわれている海外での「武力の行使はしてはいけない」、「戦闘地域に行ってはならない」という歯止めが外されてしまうという危険な状況に日本を変えることになります。

昨日もブログに書きましたが、「これが若者に何をもたらすか」イラク戦争に派兵した自衛隊員が精神の不調を訴え、28人も自殺という報道、アメリカではもっと深刻な状況が生まれており、この悲惨な戦争の実相を若者にむけ訴えました。

「若者を戦場に送るな」今日もマイクから強く訴えました。

午後から「マスコミ9条の会」の発起人でもある報道カメラマン石川文洋さんの記念講演を聞きました。

「戦場カメラマンからみた憲法9条ー今、若者に問いかけるー」という題で、ベトナム戦争、沖縄の米軍基地の実相をリアルな写真を通してお話しされました。

戦争の悲惨さ、9条の意義、平和の尊さを訴えられました。石川さんが「感動は人生の見えない財産」とサインされましたが、素敵な言葉です。

石川さんを先頭に、アイラブ憲法のパネルを掲げ、駅前まで行進しました。この輪をさらに広げよう!

若者に何をもたらすか!

今朝は徳島駅前での朝宣伝からスタートです。昨日メーデーで訴えた労働者派遣法の大改悪ストップそして明日の憲法記念日での憲法9条を守ろうと訴えました。

その後の会合の中で、ニコニコ超会議3での安倍政権が狙う集団的自衛権の行使問題が話題に上りました。行使容認となれば、海外での「武力の行使をしてはならない」、「戦闘地域に行ってはならない」という「歯止め」が外されてしまいます。

志位委員長が「これが若者になにをもたらすか」と・・・。

NHKの特集で、イラクに派兵された自衛隊員延べ1万人のうち1~3割が、精神の不調を訴え、28人が帰国後に自殺していると伝えられたとのこと。深刻です。

アメリカではアフガン・イラク戦争の帰還兵の3分の1、60万人がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、1日平均22人が自殺でなくなっているとのこと。本当に驚きです。

戦争に駆り出されるのは若者です。集団的自衛権の行使というのは、若者がそういう状況に追いやられるということです。

若者を戦場に送るな、声を大にして叫びたい気持ちを持ちました。

2014.5.1.メーデー 013

第85回メーデー万歳!

2014.5.1.メーデー 037第85回メーデー徳島県中央集会が、わしの門広場で開かれました。この集会の主催者を代表して、山本実行委員長があいさつ、続いて私が日本共産党徳島県委員会を代表して、連帯のあいさつをしました。

今日のメーデーは、文字通り安倍暴走政権ストップの総決起の場であり、全国津々浦々で政治的立場や団体の枠を超えて広がる一点共闘総結集の日でもあります。

史上最悪の労働者派遣法の大改革案を許すな、消費税増税のストップ、集団的自衛権行使容認を許すな、憲法9条守れ、原発即時ゼロをめざし、共同の力をなどを訴えました。

各分野のたたかいの報告と訴えは、とくしま生協労組、JAL日本航空の不当解雇の訴え、医労連の仲間が行いました。

最後にメーデー宣言を採択し、がんばろう三唱で締めくくられました。2014.5.1.メーデー 013

集会後のパレードでは、私も先頭で横断幕を持ち、NHK徳島放送局前では「もみい会長は辞任しろ」との怒りのコールが響き、四国電力徳島支店前では「伊方原発再稼働反対」とのコールが響きました。

初夏の日差しで、汗を拭きながらの楽しい行進になりました。