2018.8.6.平和の火のつどい (7)

広島への原爆投下から73年、鳴門市の東林院で「平和の火のつどい」が

 広島への原爆投下から73年を迎えた今日、鳴門市の東林院で「平和の火のつどい」がありました。非核の政府を求める徳島の会と「平和の火」をともす地元実行委員会の共催で毎年8月6日に開かれています。
峠三吉の原爆詩集朗読があり、広島の原爆投下時刻の8時15分、ベートーベンの「第九」、憲法9条の平和への思いを込め、9回の鐘が鳴り響き、私も参加者の皆さんと共に黙とう。
地元の子供たちが、「原爆の火」がともるモニュメントに、折り鶴を献上しました。
今年は、ベートーベンの「交響曲第九番」(第九)がドイツ兵捕虜たちによってアジアで最初に演奏されてから、100年を迎えた初演の地が徳島県鳴門市です。
地元の音楽グループ、「エベレスト・ザ」の子供たちや合唱団の皆さんが平和への祈りを込めての「第9」の合唱、目を閉じ聞き入りました。
人類史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約が国連で採択されて1年。条約に背を向ける日本政府に怒りの声が高まるなか、被爆者を先頭に、「ヒバクシャ国際署名」の取り組みの輪が広がっています。改めて核兵器のない平和な世界をという誓いを新たにしました。

7月に起こった西日本豪雨災害、あれから1カ月がたちました。県内では幸い死亡者は出なかったものの、三好市山城町の山間部では、土砂崩れなどで甚大な被害が発生しました。

党県議団は地元の前市議会議員と連携して現地調査を行い、住民のみなさんの切実な声をもとに作成した要望書を県と三好市長に届け、対策を求めました。

広島・岡山・愛媛県では甚大な被害が発生し、被災者は復旧・復興へ向けて懸命な努力を続けていますが、まだまだ日常は取り戻せていません。いま必要なのは、被災者が希望を持って前に進むことができるような支援を抜本的に強めることです。政治の役割がいよいよ重要です。

2018.8.6.平和の火のつどい (7) 2018.8.6.平和の火のつどい (15) 2018.8.6.平和の火のつどい (23)

IMG_9990 IMG_9987 IMG_9996

アベ9条改憲NO!img20180805_19114710

「まだまだ続くよ3000万署名」に

安倍9条改憲NO !徳島・市民アクション交流会でも確認した「まだまだ続くよ3000万署名」に上八万地域で取り組みました。まだエンジン全開とはいきませんが・・・

それにしても暑かった、汗を拭きながらの対話でした。「安倍さんはやめてもらいたい」と快く署名してくれる方や最初わからないといわれた方も「戦争する国はイヤ、署名するよ」などなど対話も弾みました。日曜版の新規の購読者もできました。カラーパンフも届け、「ぜひ読んでください。そして日本共産党へ」との訴えもしました。

午後からは定例の会議、8月の活動を協議しました。暑い中ですが、様々な活動が続いています。

アベ9条改憲NO!img20180805_19114710 パンフimg20180805_19143451

250F641E-93FC-44BC-A171-62D1716CE22E

猛烈な暑さの中で

今朝も猛烈な暑さ、徳島駅前で定例のおはよう宣伝、古田書記長、上村県議とともに訴えました。

午後には、「3の日行動」20人余りがスタンディング&リレートーク、私も「安倍政権は何であんなひどいことをくり返すのに倒れないか」という疑問に応えるトークをしました。 最後に、「アベ9条改憲反対」、「日本の宝9条守れ」のコールを全員でしました。

今晩は、「まだまだ続くよ3000万署名」安倍9条改憲NO !徳島・市民アクション交流会に参加しました。活発な議論の後懇親会があり、楽しい時間を過ごしました。

250F641E-93FC-44BC-A171-62D1716CE22EED921E09-818A-448D-A035-285D2EB5DE4FBB63DE93-A002-4F26-AEA4-7108EF44E23A

IMG_9922

記念オケ疑惑の真相を明らかにする会が夕方宣伝

今朝は、しんぶん赤旗の早朝配達、5時前の園瀬橋から眉山をパチリと。今日も酷暑の予感です。

夕方5時半からとくしま記念オケ疑惑の真相を明らかにする会が、県庁西側で隔週の木曜日に取り組んでいる宣伝行動に、上村県議と共に参加しました。すごい強烈な日差しが、突き刺さる感じいつもより少数精鋭での宣伝でした。

私もマイクから「徳島版モリカケ疑惑の記念オケ問題、県民の多くが真相解明を求めています。ところが県議会では、知事と旧知の仲といわれる川岸美奈子氏の参考人招致を自民会派などが否決しましたが、県民世論の広がりで、真相解明をさせましょう」と訴えました。

「知事は真相語れ」、「記念オケ疑惑の幕引きは許さない」などをコールしました。

IMG_9922 IMG_9920 IMG_9912

IMG_9892

県庁ロビーで原爆パネル展

8月がスタート、今日から10日まで、県庁ロビーの一角で、昨年度に続き原爆写真展が開催されています。今朝一番で駆けつけました。
「核兵器禁止条約採択1周年」の文字が目に飛び込んできます。
国連で核兵器禁止条約が採択されてから1年、核兵器の使用だけでなく開発や実験、威嚇まで幅広く禁止する包括的な内容です。核兵器の全廃と根絶をうたう条約には国連加盟国の約3分の2にあたる122カ国・地域が賛成しました。これを受け、採択に中心的な役割を果たしたとして国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)がノーベル平和賞を受賞しました。
ことしは、核兵器禁止条約の成立とともに南北・米朝首脳会談の開催という、人類史に刻まれる画期的な出来事が重なるなかで、「核兵器のない世界」と、非核平和の北東アジアと日本の実現にとって、大きな歴史的チャンスの年です。
日本政府は、唯一の被爆国でありながら、核兵器禁止条約に背を向け続け、被爆者・国民を裏切り続けています。核兵器廃絶の目標は同じだが「アプローチが違う」と言っていますが、それはごまかしです。
世界での核兵器の脅威はなお深刻です。「スウェーデンのストックホルム国際平和研究所は世界の核弾頭数を1万4465発(今年1月時点)程度と試算」しています。一刻も早く「核兵器のない世界」をという思いを強く持ちました。

IMG_9892 IMG_9896

IMG_1669 IMG_1667

38085422_926862334163839_6942437918107500544_n

汗を拭きながら上八万おはよう宣伝

朝から青空が広がり、猛暑の予感です。今朝も5人で、上八万でのおはよう宣伝をしました。
モリカケ疑惑納得せずが7割から8割と、安倍首相の責任は重大です、うそのない政治にチェンジさせましょう!
イージスアショアの問題にふれ、戦争法を無くし憲法を守り、いかす政治にチェンジを!と訴えました。もちろん市政、県政報告もしましたよー
汗をぬぐい、7月最後の日、いろんな課題をこなしましたが、猛暑の実感をひしひしと・・・

明日から8月、残った課題をやりとげねばと思います。38085422_926862334163839_6942437918107500544_n 38020921_926862330830506_2852512713005858816_n

モリカケ「納得せず」75%、モリカケ疑惑の徳島版も

モリカケ「納得せず」75%、「首相に責任」61%、毎日新聞が7月28日、29日に実施した全国世論調査の結果で、通常国会が閉会しても、以前世論の疑念は解消されていないことを示す結果だ。

今日は週初めの県議団会議、ここでもモリカケ疑惑の徳島版とくしま記念オケ疑惑についても、協議した。多くの県民が、知事の態度や知事と旧知の仲といわれる川岸氏の参考人招致を否決した自民などの県議会での態度に納得せずということだろう。

今日も電話をいただいた。引き続き調査を進め、県民に知らせる工夫が必要だ確認した。

20180729_103646

警報解除され島田地域でのつどいや川内地域でのミニつどいが

徳島市では、今日の10時16分に台風12号による大雨警報、強風警報が解除されました。
少し陽射しが出る中、10時半から徳島市の島田地域でのつどいが始まりました。実はこの集いが、7月7日に計画されましたが、梅雨前線による記録的大雨で延期、今日も台風の影響が心配されましたが、18人の方が参加していただきました。
島田支部の山本支部長の司会で、私と船越徳島市議さらに地元の山本千代子さんから、国政・県政・市政の報告そして党創立96年をむかえ「激動の時代歴史をつくる生き方を」のカラーパンフを紹介し、入党も訴えました。
いろんな疑問や意見が出され、あっという間に終了時間になりました。
午後からも川内地域で、ミニつどいも行いました。
台風12号の被害が心配されます。

20180729_103646

IMG_9858

無事しらさぎ台の夏まつりが

強い台風12号の接近で、徳島県内でも避難指示や避難勧告、避難準備情報が各地に発令されています。
今晩私が住むしらさぎ台の夏まつり、台風接近で心配されましたが雨も降らず、自治会の皆さんの準備のかいもあり、無事開催されました。
平和連の皆さんの素晴らしい阿波踊り、最後の総踊りでは、私も妻も踊りの輪に入り、楽しく踊りました。
その後も子どもたちのじゃんけん大会など楽しい企画がありました。
先の大雨で被災された地域の皆さんはもとより、台風12号で新たな被害が出ないことを祈るばかりです。

IMG_9858 IMG_9809 IMG_9821 IMG_9831 IMG_9849 IMG_9864

ブロック塀

危険なブロック塀の調査と対策を

 大阪北部地震を受け、危険なブロック塀の調査と対策が徳島県でも課題になっています。
 各地の議員や住民の皆さんからも、危険なブロック塀について様々な要望や意見、問い合わせをいただいています。
 徳島県では、今回の大阪北部地震を受け、通学路を含め県有施設のブロック塀調査を行い対策も講じられています。しかし我々の周りの民家などの対策は極めて不十分です。
 徳島県では、南海トラフ地震対策などの一環で、2009年度から12年度まで7124万4600円をかけ、6市8町の沿岸部と都市計画区域(徳島市は除く)14市町の住宅などのブロック塀調査を実施しました。
 その結果5万5941件のうち、対策が必要なものが7793件、特に危険な個所が286件と先の県土整備委員会で答弁がありました。しかしその後の対策は、把握されていません。
「県が実施した調査の市町別の内訳や金額はわかるんですか」などの問い合わせがあり、住宅課にお願いしていたら、今日資料が届きました。
 南海トラフ、中央構造線、またそれ以外の8つの活断層や、まだ把握されていないものなど県内どこでも地震などの災害が起こると考えられます。県民の安心・安全からも危険なブロック塀の調査と撤去費用を含む対策が不可欠です。現在24市町村の内、徳島市・石井町・美波町では撤去・新設の補助制度があり、吉野川市では検討されていると県の担当者から聞きましたが、県がこの面でもイニシアティブを発揮するときです。
ブロック塀ブロック塀2