13244734_528645527318857_4925344560418980004_n

沖縄怒り沸騰、基地撤去待ったなし!!

  これまでのやり方ではもうだめ。やり場のない怒り 全県に広がるくやしさ

「もはや再発防止要請ですますレベルでない」(沖縄タイムス)
「防止策は基地撤去しかない」(琉球新報)

知事が政府を批判
「当事者として、基地被害に対応できてない」

5月25日に、県民集会
6月5日の県議選挙のちに大規模県民大会協議

先日名護共同センターでお話しいただいた古堅さんのFBの記事です。
  山田豊だよりを作成しました。今週号は沖縄平和ツアーの特集です。
沖縄女性遺棄事件発覚前に作成しましたが、沖縄平和ツアーで沖縄の実相の一部にふれ、今回の事件で「沖縄怒り沸騰」改めて辺野古新基地建設中止、普天間基地の即時閉鎖・撤去を求めねばと痛感しています。
沖縄では、もみ消された犯罪も山ほどあるでしょう。アメリカに、きちんとものが言える政治家を勝たせたい!
 ニュースを読み返しながらそんな気持ちが強くなりました。
いよいよ明日が演説会、今日もそのお誘いに回りました。

夕方4時から徳島弁護士会の高齢者障がい者権利擁護支援事業の取り組み、「安心安全な高齢者・障がい者の生活のために」というシンポジュームに案内いただき、党県議団3人そろって参加をさせていただきました。
大阪弁護士会の小山先生から「地域包括支援センター等との連携 大阪弁護士会の活動紹介」が報告され、続いて徳島弁護士会の森先生が「徳島弁護士会高齢者障がい者権利擁護事業の取り組み」について報告されました。
初めて知った事業でした。高齢者や障がい者は、権利侵害の対象となりやすく、自からの権利の主張や行使を行うことが困難な場合が多くあります。

身近で高齢者・障がい者の支援に当たる福祉関係者が気軽に弁護士に相談できる体制をつくるとともに、高齢者・障がい者が抱える問題の早期発見とその迅速で簡易な法的サービスを提供し、福祉関係者との連携で高齢者・障がい者の弁護士へのアクセス障害(経済的・心理的な負担)解消に向けた取り組みとのことでした。すばらしい取り組みです。

出張相談などもあるとのこと、しかしまだ課題も多く「予算化」も最も克服すべき課題ということでした。
本来地方自治体の真っ先にやる仕事は、福祉の増進、ここに知恵と予算を使うことは当然です。質問もさせていただきましたが、この取り組みをさらに深め、側面からでも支援ができればと感じました。
終了後日本弁護士政治連盟徳島支部の弁護士さんたちとの懇親会、様々な話題に花が咲き、有意義な時間が持てました。

13244734_528645527318857_4925344560418980004_n

 

!cid_ii_154cd5f4bbdef1de

明後日に迫った演説会の案内に!!

今朝は、徳島駅前での明後日に迫った演説会のチケット配布でスタート。党県委員会・地区委員会の皆さんとともに配布しました。藤原さんは「演説会にご参加ください。大西聡さんも訴えます」と肉声のよくとおる声で案内しました。
ちらほら顔見知りの方や県職員の方とあいさつ、「ぜひご参加ください」と・・・・
そして8時過ぎからは定例の金曜日朝宣伝、今日は都合で私ひとり、ワンマンショー??で約30分近く訴えました。
その後県庁へ、午後は演説会のお誘いに地域の支部の方と回りました。「この夏の参院選は、天下分け目の選挙です。ご協力を」とお話ししました。

夏の日差しに近づいていますね。アツーイ!  さあ陽も陰りもう1ラウンド!「参加するよ、がんばって」などの心温まる激励を受けました。

!cid_ii_154cd5f4bbdef1de !cid_ii_154cd5f4b8e13156 img_0001 !cid_ii_154cd5f485ac44ae

2016.5.19南佐古砂防・イノシシ対策 (1)

眉山ふもとで砂防・イノシシ対策説明会が!!

徳島市のシンボル眉山のふもとの南佐古地域で、砂防・イノシシ対策説明会がありました。

船越市議と共に参加しました。県の生活安全課、砂防防災課の担当の方が説明され、住民のみなさんから意見が出されました。

「40年ここに住んでいるが、2年前ぐらいから大雨の折、水が家に迫るようになった、不安」、「眉山の手入れをもっと図るべきでないか」、「広島土砂災害を目の当たりにして、この地域も同じような災害が起こらないか不安、県と市と住民が協力して効果的な防災対策が必要では」、「昨日もイノシシを見かけた。対策を強化してほしい」、「イノシシとともにカラスが異常に増えている、この対策は」などの貴重な意見が相次ぎました。

こういうところにこそもっと県の知恵と予算を使うべきではないでしょうか、引き続き住民のみなさんとともに求めていきます。

2016.5.19南佐古砂防・イノシシ対策 (1)

13240549_527563520760391_8580326723596934476_n

SO GOODのぼりを掲げておはようスタンディング!!

今朝も徳島は五月晴れ、県庁前のかちどき橋でSO GOODののぼりを掲げてスタンディング。
目前に迫った参院選挙で野党統一予定候補の大西聡さんの勝利めざし、市民と団体、政党の皆さんが立っています。まさにオールとくしま!!
県庁職員さん、学生さんたちに「おはようございます」と・・・
かちどき橋から望む眉山もとても美しいでした。

その後県議団会議、定例の会議など会議が続きました。そして演説会のお誘いの☎、激励をいただきました。

13240549_527563520760391_8580326723596934476_n 13221047_527563400760403_1741467182977402551_n 13267719_527563444093732_7241790483085376493_n 13173713_527563447427065_1970055108318794180_n

13230275_527329807450429_5872695465283379190_n

日本共産党・徳島県建設労働者後援会が!!

気持ちよく晴れました。きれいな空気を吸い込み、定例の朝宣伝。わたなべ徳島市議は視察で参加できませんでしたが、新婦人会長の妻が、沖縄平和ツアーの報告。
私も日本共産党徳島県議団のタスキをかけ、目前に迫った沖縄県議選、そして参院選に向けての政策を訴え、5月22日の大演説会の参加を呼びかけました。
たくさんの声援やずっと聞いてくださり拍手もいただき、激励を受けました。
この宣伝行動は、7時半から行いますが、地元支部の坂東支部長さんが、みんなが来る前に旗やプラスターを準備してくれています。本当に皆さんのご協力で、雨の日も風の日も毎週火曜日の宣伝が続いています。

今晩日本共産党・徳島県建設労働者後援会が開かれました。
ふるたみちよ参院比例予定候補をはじめ上村県委員長、県議は逹田県議と私、見田徳島市議が参加しました。
阿部後援会長さんのあいさつ、県委員長の情勢報告、ふるたみちよ元県議の決意のこもったあいさつの後議論しました。
当面22日の演説会の成功をはじめ、参院選挙勝利にむけた取り組みが決まりました。
税金の集め方、使い方など組合の考えが反映して良かった。こんな率直な意見交換が行われ、働く建設職人の皆さんの心意気を感じる集会でした。
最後は徳島建労の西岡委員長が、大西聡さん、日本共産党の勝利めざしてガンバロウと・・・

13230275_527329807450429_5872695465283379190_n 13260212_527210354129041_3088712481196407817_n 13254682_527210417462368_7718504424367367397_o 13244620_527210497462360_4663445519059929561_n

 

13116482_492256757634735_7669046050001939758_o

沖縄本土復帰44年

県委員会の宿直明けでしたが、久々に県議会控室へ・・・

用務が山積、その解決と処理にかかりました。演説会も迫りあわただしい週初めです。

沖縄が本土に復帰して昨日15日で44年を迎えました。沖縄戦で二十数万人が犠牲になり、戦後も1972年の復帰までの27年間にわたってアメリカの異民族支配のもとに置かれました。

復帰後も米軍が居座り続け、日本の総面積の0・6%の沖縄に米軍基地の約4分の3が集中したままです。米軍人による事件・事故は復帰後約6千件にのぼります。

さらに、日米両政府は、沖縄県民の民意を踏みにじり「辺野古が唯一」と新基地建設に固執し、普天間基地の閉鎖・返還についても、政府が約束した「5年以内の運用停止」をあいまいにしています。

基地のない平和な沖縄に―6月5日投票の沖縄県議選の大きな争点の一つです。

改めて5月10日から13日までの沖縄平和ツアーで学んだことをまとめています。

13116482_492256757634735_7669046050001939758_o IMG_1216

13116493_526575607525849_7494555268512976619_o

1週間後に迫った演説会のお誘いに!!

今朝も8時過ぎに、作業場でのミニ集会、「遅い田植えの人もおって、この集まりになってしもて」と・・・
なんのなんの急なお願いで、いろんな行事がある中で大勢の人が集まっていただきました。
徳島市長選や沖縄の感想を報告、そして今の政治の状況、安倍政権をさよならするためにも大事な参院選挙、支援の輪を広げてくださいと訴えました。そして来週の日曜日5月22日の演説会の参加も訴えましたが、「今日来れてない人にも声をかけるけんな」とうれしい激励もいただきました。県議会報告も「きれいな、わかりやすいビラやな」との声も・・・・

午後も演説会のお誘いに回っていました。沖縄の感動もお届けしました。
「野党の統一で大西聡さんが決まってよかった」、「やっぱり共産党が大きいにならんと」、「県議会のビラ読ませていただきます」など様々な期待の声もいただきました。
2016年5月発行の議会報告も演説会、参院選資料とともにお渡ししています。ぜひご一読ください。
今晩は県事務所での用務です。

13116493_526575607525849_7494555268512976619_o13082670_520045301512213_2242068871470595631_nimg20160515_13073743img

13179061_593043320874066_8433909819172540400_n

充実、感動の「沖縄平和ツアー」!!

昨日は、13日の金曜日?徳島へ帰る予定が、飛行機の大幅遅れのため、関空付近で宿泊になりました。

沖縄でのいっぱいの思いを胸に、無事帰ってきました。

早速地域支部の支部長さんと22日に迫った演説会のお誘いに、「前の人が(清水議員の演説会)面白い話をしてくれたんで、今回も行くよ」「野党共闘頑張らんと」こんな声が多くありました。
明日も朝8時過ぎから地域の方に集まってもらい、演説会のお誘いをすることになりました。
ところで今回の新婦人のみなさんとの「沖縄平和ツアー」、今までの様々な視察やツアーの中でも最も充実した内容だったと思います。
元四国放送プロデューサーで長年沖縄平和ガイドを務められている大島和典さんから詳しい説明を聞き、改めて沖縄の実相の一端を学べました。
嘉数高台公園からは普天間基地と宜野湾市が一望でき、沖縄戦の悲惨なたたかいが始まり、様々な米軍による事件が相次ぎ、オスプレイが配備される普天間基地、過去、現在そして未来少し見えた気がします。
京都の塔の碑文、当時京都府知事蜷川虎三さんや野中広務さんの名前も大島さんから説明、本当に感謝です。
その後名護共同センターの古堅宗嘉さんがオール沖縄20年のたたかいと沖縄の豊かな自然など、明日からの私たちの旅が深く豊かなものになるようお話してくださいました。
沖縄のたたかいは、人間の尊厳をかけたたたかいだということです。13人から始まったオール沖縄の運動はオジー・オバーの戦争(いくさ)する「新基地」つくらせないとジュゴンの海を守ろうとつくった「ジュゴンの会」「命を守る会」から。やがて、その流れは、人を変え、稲嶺名護市長、オール沖縄の翁長県知事、国政選挙でもオール沖縄が勝利。翁長県政支えるために、沖縄県議選挙は命がけの選挙です。
沖縄平和ツアー2日目。辺野古へ。あいにくの雨で船が出なかったので会場からの見学はできませんでしたが、辺野古テント村すわりこみの方と交流。連帯のバナーなどを送りました。テント村すわりこみ4406日、シュワブゲート前675日。シュワブゲート前では連帯の挨拶。金網の向こう側は日本であって日本でないところ。海もフェンスがはられ監視船が。辺野古は普天間基地の代替移設施設ではない。アメリカと日本政府、戦争でもうける大企業が早くから計画し、おし進めている 新基地に他ならない。辺野古テント村の篠原さんは「新基地阻止、あきらめません」と言います。
午後からは東村高江へ。美しいヤンバルの森、ここに広大な北部訓練場(米海兵隊ジャングル戦闘訓練センター)。6基のヘリパッド建設が進められている。北部訓練場の中を県道が走る。映画「標的の村」の村で見た所です。共用地と米軍管理の国有地の境界に立ち、命がけで阻止した進入路を撮った。24時間すわりこみを続けている。ヤンバルの森は沖縄の人たちの命の水の水源地。「安保条約と地位協定をなくさないといのち・平和は守れない」と高江訴えられたことが印象に残ります。
大阪堺から沖縄に来て名護共同センターで平和ガイドをされている福山のりかつさんがユーモアを交えた楽しい案内でここでも充実した時間が持てました。雨もしばらくしたら上がりました。
辺野古の座り込みを続ける皆さんや高江の座り込みを続ける皆さんと貴重な交流ができました。
出迎えてくれた辺野古のテント村には「勝つ方法はあきらめないこと 知事と共にガンバロウ!」との強烈なメッセージが心にズシンと響きました。
2日目の最後は、沖縄本島最北端”辺戸岬”日本祖国復帰闘争碑、福山さんからの説明を受け、ここでも沖縄の実相の一断面を感じました。
3日目は朝から晩まで大島さんが案内、沖縄戦の激戦地南部を回りました。たびたび訪れた平和の礎では、大島さんが詳しくお話しされました。1955年平和の礎に朝鮮半島の人たちのために確保されている空白、知りませんでした。
 「アメリカ、イギリスなど含め241336人の名前、名前のむこうにある人生を案内していきたい」大島さんの声が強まりました。
大島さんのお父さんの名前も刻まれており、死の再確認の場であると思っていたそうですが、うちなんちゅの慰霊方法、一族単位、代々残していける、おじい喜んでいて大島さんが奇異に感じたとのこと、その意味はこの場が生の再確認、子々孫々まで続く確認の場だと・・・「死の再確認」の場であるとともに「生の再確認」の場である平和の礎、修学旅行生など大勢の方が訪れていました。
また大島さんは、外間一族の避難経路が 西原町から南部へ、3万5千体の遺骨 パーソナルヒストリー 「国家からの強制で人生断ち切られていいはずがない。死んでいくことはあってはならない。父や母の愛が消えた、こんな国家からの強制、戦争を身体を張って止めねば」、大島さんの話しに聞き入りました。
そして糸満市伊敷にある「轟の壕」に行きました。自然に出来たこの壕は、全長およそ100メートルで、沖縄戦当時、大島さんの説明では500人ぐらいの住民が避難していたといわれています。
轟の壕では、先に捕虜になった人の呼びかけに応じて投降し、最終的に600人の住民が、生き延びたとされています。しかし一方で、アメリカ軍の攻撃が続く中、日本兵に追いやられるなどして、多くの人が餓死するなどして犠牲になったといわれています。
轟の壕は足元も悪く、かがんで懐中電灯をかざし、進みました。鍾乳洞から水滴も落ちるところで、大島さんから説明を受け、その途中で、1匹のこうもりが暗闇の中で飛び去りました。
やっと外へ出てひめゆりの塔と資料館、そして3日目最後は、魂魄(こんぱく)の塔へ・・・
糸満市米須地区に、戦後沖縄で最初に建てられた慰霊塔「魂魄の塔」があります。周囲を石垣で固めた円形の塔には、沖縄戦で犠牲になった住民など、3万5千人がまつられているそうです。
摩文仁や魂魄の塔がある米須を中心に、全国のすべての、都道府県の慰霊碑があります。 しかし唯一「沖縄県の碑」は存在しません。あえてあげるならば、この「魂魄」が 沖縄県の碑といえるかもしれないと・・・
住民、軍人、連合軍韓国朝鮮人、沖縄戦で死んだ約3万5千人の人々が 軍民、人種を問わず葬られた、沖縄最大の塔である。これが戦後もっとも早く、 住民の手で作られ、平和への想いを込めた塔として、祈りをささげました。3日間通して大島さん、古堅さん、福山さんから今度の県議選、参院選がもつ歴史的重要性が共通して語られました。
沖縄最終日、徳島からの15人は、2週間後に迫った沖縄県議選の応援に比嘉みずきさん、とぐち修さん、セナガ美佐雄さんの後援会事務所に行きました。
私も4人の徳島からのメンバーと沖縄の新婦人の方たちと比嘉みずきさんの応援に、マイクを持って訴えました。
阿波弁で心を込めて訴えましたが、「遠いところからよく来たね、応援するよ」など激励を受けました。
なんとしても、7人全員当選の実現を期待しています。短い時間でしたが、充実した時間が持てました。
最後は、新婦人の沖縄、徳島の女性陣と赤嶺政賢議員の奥さんとで渾身の訴え、すごいパワーでした。.
男性陣も私以外に、事務所の方たちや地元の国吉支部長さんも加わりました。
ハンドマイク宣伝とコンコン作戦。「私は82歳、戦災孤児です。10歳の時、夜、家族と一緒に逃げている時、アメリカ軍に攻撃され、気がつくと父母たちは死んでいた。山に逃げ込んだが捕まり捕虜収容所に入れられた。金網で出入りは一切できず、檻に入れられたみたいだった。」と沖縄戦を体験した方がおられました。昨日の大島さんの話とダブりました。午後は不屈館へ。瀬長亀次郎さんの不屈のたたかいを館長で瀬長亀次郎さんの次女内村千尋さんの説明を聞きました。とても充実した濃密な沖縄平和ツアーでした。
ほぼ毎日沖縄料理、おいしかったです。このツアーを準備いただいた新婦人の祖父江さんなどの関係者のみなさんありがとうございました。

13179061_593043320874066_8433909819172540400_n13139238_593043397540725_610980702768293260_n13177636_593043134207418_2513702517924494285_n13177451_593043254207406_3083246773114239323_n13179097_593364450841953_4342828081148208797_nIMG_0850IMG_1056

13174111_593370857507979_517900942569841034_nIMG_1224IMG_1268

IMG_1273

13151895_593830967461968_3494993644557405967_n13165993_593830974128634_5495796173672134061_nIMG_1311IMG_1325

13239095_594242137420851_7705424880757433067_nIMG_1334

 

 

 

 

IMG_0714

週明けは朝宣伝から!!

ゴールデンウイークが終わった週明けの今朝は、あいにくの雨。定例の火曜日の朝宣伝を、私が明日から県外に行くため繰り上げて実施、地元上八万後援会のみなさんやわたなべ亜由美徳島市議と共に訴えました。
遠藤新市政の状況や目前に迫った参院選で、徳島県内での野党統一で、平和・くらしの提案を示していることへの期待や反響も訴えました。そして5月22日の池内さおり衆院議員を迎えての大演説会、大西聡野党統一候補や春名・古田元衆院議員元県議など参院比例予定候補も訴えますので「ご参加ください」と・・・
今雨にも負けずの宣伝が終わりましたが、ズボンの右側が雨でぬれ、着替えに・・・

県庁に出かけ、打ち合わせとこの間不在にするので相談等に対応しました。

私と達田県議は、明日から新婦人の方々と沖縄へ行ってきます。
基地や戦跡など平和を考えるためのコースや地元の方々との交流日程が盛りだくさんに組まれています。

もちろん目前に迫った沖縄県議選の応援も短時間ですが組まれています。

2014年に県内の一連の選挙で「オール沖縄」が連続勝利したことで、沖縄のような共闘が日本全国で発展しうるとの予感が生まれました。実際、沖縄のたたかいは昨年の『戦争法反対』という国民的たたかいに、そして今年の野党・市民の共闘につながっていきました。この沖縄のたたかいにふれ、沖縄県議選勝利にも少しでも役立てればと思います。

IMG_0714

 

13082670_520045301512213_2242068871470595631_n

2週間後に迫った演説会の案内に!!

今日は母の日、2週間後に迫った演説会の案内に回っています。あるところではミニ集会に、「バスにのって行きます」と・・・
演説会会場の県教育会館近くの吉野川橋の下は、家族連れで潮干狩り。

ずっとここに来ている方が「吉野川の恵みで、しじみです。お昼1時くらいまで潮が引くので、まだ人が増えますよ」と、釣りのエサにするカニを取っている方も・・・
徳島市内で、こんな家族で楽しめる、癒やされる自然がある、いいですね。

午後の会議でも、県内情勢の特徴と目前に迫った演説会や参院選挙勝利に向けた課題を議論しました。

13082670_520045301512213_2242068871470595631_n 13151669_523981794451897_9208757833291157073_n 13177274_523981807785229_4990616740177293908_n 13174179_523981821118561_1563359038117261958_n