IMG_9347

立石候補必勝に向けた「つくる会」の総決起集会が!!

市民の手で安心と夢のある町「徳島市」をつくる会の徳島市長選勝利にむけた決起集会が開かれました。
短期間の呼びかけでしたが、大勢の方が参加、期待と関心の高さを感じます。
立石候補の選対本部長の久次米市議も、「新しい徳島市をつくるためにさらなる支援を」とあいさつ。
つくる会の久保徳島地区委員長が、市長選をめぐる情勢と「自民2陣営対市民の代表の戦い」と対決構図を示し、立石候補必勝に向けた取り組みなどを報告しました。
参加者から様々な意見が出され、「この間の太田周造さんを先頭とした新町西再開発やめよの市民運動と市民の世論が明確な争点を作り出してきた、その運動に合流し、市民の声を代表できる立石さんは唯一の候補」、「新町西再開発をきっぱり中止し、国保の引き下げなど市民のための徳島市政に転換を」、「今日から頑張ろう」との声が相次いで出されました。
本当にたくさんの方が発言し、本音で意思統一できた集会になりました。
最後に生健会の竹田さんが、立石さんの勝利に向け団結頑張ろうと・・・・

IMG_9347 IMG_9349 IMG_9356

2016.3.20市長選出発式 (5)

立石候補に期待高まる!!

徳島市長選が告示されました。立石候補の出陣式には約700人の市民が参集したとのこと、私も参加しましたがすごい熱気です。
午前中も、「今日から始まりました。新しい徳島市をつくるため力をかしてください」、「今回の市長選は自民系2候補vs市民の代表のたたかいです」と回りました。「新町西は絶対ダメ」、「全国一高い国保料の引き下げに期待しています」、「知り合いにも広げるよ」とのうれしい声も続々と・・・
市長選とともに野党共闘にも話が及びます。
「赤旗の日刊紙また読むよ」、「参院選まで日曜版読ませてもらうよ」こんな激励もいただきました。
新町西再開発の完全中止と、くらし、子育て、教育の充実をうったえる、若き弁護士、立石かずひこ候補に期待が高まっています。

2016.3.20市長選出発式 (5) IMG_9342

10325413_503079373208806_7121891822533505341_n

渡部さんの「避難者から見た『脱原発』〜震災被害とその責任〜」講演が!!

さよなら原発徳島実行委員会の第5回総会と記念講演会がありました。
福島県南相馬市から愛媛県伊予市への避難者渡部寛志さんが「避難者から見た『脱原発』〜震災被害とその責任〜」、率直で素晴らしいお話しでした。渡部さんの可愛い二人の娘さんも私の前の席で勉強、改めて考える機会になりました。

「あきらめねえこと、それしかねえべ」―

東日本大震災、福島第1原発の事故から5年、当事者が声を上げる事をやめてしまったら、「一瞬でわが町わが人生が虚像になる可能性を秘めた恐ろしい社会」が・・・このまま諦めたら、無念のうちに死んでいった多くの人々も『無駄死に』に終わってしまうかもしれない。「そんなのはいやだ」

渡部さんたちが書いた「人の痛みこの震災を転換点に」東日本大震災から5年、愛媛の批判した私たちの声、この本を読みます。

10325413_503079373208806_7121891822533505341_n 12798911_503079386542138_3808101177794902859_n 12803078_503079403208803_5802980910765833714_n

 

IMG_9246

地元幼稚園の保育修了式に!!

地元幼稚園の保育修了式に、来賓の一人として参加しました。
いただいた終了式のしおりには、おおきくなったら・・・「ゲームをつくるひとになりたい」、「ようちえんのせんせいになりたい」、「にんじゃになりたい」、「けえきやさんになりたい」など夢が描かれていました。
こじんまりした上八万幼稚園なので、一人一人が主役で運営され、子供の成長に感激する親御さんの姿に感動しました。

修了証書を園長先生からいただき高く掲げる園児、先生とハイタッチをして退場する園児たち、とても微笑ましい有意義な修了式でした。

元気に、健やかに…おめでとうございます。

IMG_9246 IMG_9270 12496154_502599783256765_4234817638078315997_o 10415594_502599726590104_2151556586666646718_n

20160320こんにちは山田豊ですNO

隔週発行の私の活動報告「こんにちは山田豊です」完成!!

隔週発行の私の活動報告「こんにちは山田豊です」3月20日号が完成しました。

今回は3月15日の2月県議会閉会日の報告と「今徳島で今、2人の弁護士さんに注目と関心が!!」という記事にしました。

 いよいよ徳島市長選の告示目前、今日も県議団・市議団合同会議を開き、自主支援している40歳青年弁護士立石さん必勝に向けた取り組みを協議しました。
20160320こんにちは山田豊ですNO
IMG_9210

立石さんがんばれ!!スタンディングに!!

「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」の上八万・入田の有志のみなさんがしらさぎ台下でのスタンディング。
目前に迫った徳島市長選で、40歳青年弁護士立石かずひこさんの支援の取り組みの一環です。
八木さんも元気にスタンディング、凛としてしかもやわらかく素晴らしい先輩とともに立ちました。
様々な面でお世話になった元阿南市議の新居諭さんの葬儀に行参列しました。。新居さんの声が今でも脳裏に残っています。「がんばれよ」と・・・中野前徳島市議からも「山田君はかわいがられとったな」と、懐かしさがこみ上げてきました。

IMG_9210

山田県議 左向き (1280x853)

2月県議会閉会、わが会派3人が討論!!

今朝は定例の朝宣伝地元上八万後援会のみなさんと、わたなべ徳島市議と共に訴えました。すぐに県庁へ、今日が2月県議会の閉会日です。
2月県議会閉会日の今日、知事提出の91件の議案が提出されていました。わが会派は達田県議が、消費者庁の移転予算や県民の利益につながらない新年度7073万円、累計でなんと22年間で48億4125万1千円、全国でも例のない徳島化製1社への莫大な補助金はやめ、くらし・福祉の財源にすべきなど5議案に反対しました。また議員提案での県議の期末手当を5万9千円も増やす条例改正にも上村県議が反対しました。

達田・上村両県議に続き、「米軍機の低空飛行訓練に関する意見書」を新風民主クラブと日本共産党の7人で共同提出、提出者説明を庄野県議が、私が賛成討論を行いました。
徳島では、オスプレイが3月4日に1年半ぶりに、県南部で目撃され、3月7日には県南部に加え鳴門市でオスプレイの低空飛行が目撃され、鳴門コウノトリ鳥獣保護区付近を通過したため、県を挙げて保護活動に取り組むコウノトリの初繁殖や定着への影響を危惧する声が多く寄せられ、地元紙も1面で報道しました。
この事態を受け、昨日の午後自民党県民会議の代表が、「米軍機の低空飛行訓練に関する意見書(案)」をわが会派にこれでいきたいと示しました。一読して「いいですよ、紹介議員にもなります」と返事をしました。
ところがしばらくしてからこの意見書案は撤回したい、これが自民2会派の結論ですと・・・
今朝本会議前に開かれた議会運営委員会で、この撤回理由を正すと、「北朝鮮など安全保障環境が、きびしくなっているから、この時期に意見書を出すのはふさわしくない」との驚くべき意見が・・それなら堂々と本会議で表明したらいいんですが、本会議では討論せず、いや県民の前でこんな討論は当然できないでしょう。意見も言わず数を頼んで否決、怒りを覚えました。
私はこの経過も指摘し、討論を進めました。過去11回米軍機の低空飛行訓練中止などの意見書を提出してきた徳島県議会、県民の生命・財産を守り、不安を払しょくするのも県議会の重要な責務です。
県当局も3月4日には、中四国防衛局にはメールで、外務省にはファックスで目撃情報を知らせ、住民に不安を感じさせるような低空飛行はしないようと申し入れたとのことでした。
7日には、中四国防衛局と外務省に鳴門コウノトリ鳥獣保護区付近の通過を受け、コウノトリへの影響を心配する声を含め、住民に不安を感じさせる低空飛行は中止に向け、対処願いたいとの申し入れをしています。
県はオスプレイの情報は、事前に通告があり、県内24市町村、県民局、ヘリの担当部局に知らせたそうです。
しかし米軍機オスプレイの飛行については、県に事前通告がされるようになっているものの、具体的な飛行時間やルートは知らされないということでした。「これでは防災ヘリやドクターヘリもどう気をつけたらいいのかわからないのではないか。」など危険性が改めて浮き彫りにもなりました。
その後3月12日には、牟岐町沖の出羽島(てばじま)で、「牟岐・出羽島アート展 2016」のイベントとして行われていた結婚式の最中、40年ぶりの婚礼で島民や観光客が祝福をしている最中に、米軍機3機が低空飛行、爆音を耳にした大勢のカメラマンや来場者が、一斉に空を仰ぎ見て、驚きの表情を浮かべ、「パイロットの顔が見えそうな低さだった。こんな飛び方をされては、住民は大変迷惑だと思う」とも報道されました。

県民の生命・財産を守るのは、県行政の責務というだけでなく県議会の責務、役割であることは言うまでもありません。
この状況の下で、県議会だけが「米軍機の低空飛行訓練に声を上げないのでは、県民の生命・財産を守り県民の声を代弁する議員としての役割が問われます。この意見書を否決することは県議会史上の汚点になると討論の締めくくりに指摘しました。

山田県議 左向き (1280x853) 山田県議 (1280x853) IMG_9206

 

IMG_9195

立石さんの熱気みなぎる総決起集会が!!

徳島市長選が目前、今夜我々も自主支援する立石かずひこさんの総決起集会が開かれました。
会場の教育会館は、立ち見が出るほどの大入り満員、熱気が伝わってきます。

オープニングは、娯茶平連の阿波踊り、その後各界各層から応援の言葉が述べられました。40歳の青年弁護士立石さんが、利権政治を一掃し、教育の充実、全国一高い国保料の引き下げ、待機児童の解消など市長選に臨む政策を力強く表明されました。
市民に顔を向けた新しい市政を求める市民の熱い想いが渦巻いています。
あとの2人に比べ、まだまだ知名度の低い立石さんですが、今日の決起集会をバネに、最後の追い込み、支援の輪をさらに広げるために私も全力投球します。
明日が県議会の閉会日、今夜も討論の作成にかかります。

IMG_9195 12829125_467124793492819_7164513871095267878_o IMG_9205

 

 

IMG_9174

「今徳島で2人の弁護士さんに注目と関心が」と街頭宣伝!!

日が沈むのが、遅くなりましたが、今日は小雨の降る中、遅くまで三ヶ尻りょうこ参院比例区予定候補とともに、街頭宣伝で訴えました。

三ヶ尻さんは、野党統一候補に大西総弁護士が決まり、「私は比例予定候補候補として、安倍政権の暴走をストップさせ、勝利に向け取り組みます」と力強く訴えました。

たくさんの激励もいただきました。

私も、「今徳島で2人の弁護士さんに注目と関心が寄せられています」と。目前に迫った徳島市長選に立ち、新町西再開発の白紙撤回・全国一高い国保料の引き下げなどを訴える40歳の立石弁護士、もう一人は徳島・高知の野党統一候補の大西弁護士、立憲主義をとりもどし、戦争法廃止を掲げる野党統一候補に期待が高まりますと・・・

そして、参院比例区では、「国民の共同、野党の共同を何よりも大切にし、共同の力で政治を変える党」日本共産党へのご支援も訴えました。最後に立石さんの明日の決起集会の案内も紹介しました。

あいにくの天気でしたが、この音での街頭宣伝も強化せねばと思いました。

IMG_9174 IMG_9137

IMG_9136

党徳島県後援会の役員会が!!

徳島・高知の野党4党が市民団体とともに共闘する、歴史的な共闘の実現、目前に迫った徳島市長選で、自主的に応援する立石かずひこさんへの支援などについて党県後援会役員会で協議しました。

県後援会会長の林伸豪弁護士からも、市長選に立候補している立石さん、野党共闘が実現した大西さんという両弁護士の紹介と勝利に向けた決意が語られました。

共闘の目的は、言うまでもなく、市民と野党が共闘して、安倍政権を打倒し、戦争法廃止、立憲主義を取り戻す新しい政府を実現することにあります。そのためには、選挙に勝たなければなりません。
この合意によって、安倍政権とその補完勢力対市民と野党5党の共闘という対決構図が鮮明になりました。それは、高知・徳島両県民の「政治を変えたい」「変えよう」と期待をたかめ、その期待を結集する巨大な力を発揮するでしょう。県後援会の出番です。

そして目前に迫った徳島市長選では、全県下の党・後援会の全県支援を集中し、勝利させようと確認しました。

IMG_9136 12819254_464849423725727_6904410194119439415_o