明日150回目の金曜日行動!!集ろう!声をあげよう!

今日はとても気持ちのいい五月晴れが広がりました。

原子力規制委員会が伊方原発3号機について、「新規制基準を満たしている」との審査書案を了承、事実上の『合格』を出したことに不安や批判、怒りの声が上がっています。

今朝の赤旗にも、「撤回求める声が」との記事が・・・・・

徳島新聞も社説で「安全への不安は拭えない」と報道しました。

徳島新聞を含む四国の4新聞社と共同通信の世論調査によると、徳島県では56.7%が反対、地元の愛媛では69.3%が反対と報じられ、「政府が『世界一厳しい』とする新基準でも、不安は拭えないということだろう」と・・・・

明日5月22日、午後6時から徳島そごうエスカレーター前で、150回目の原発再稼働ストップの金曜日行動がおこなわれます。
多くの国民が反対する中で、四国電力伊方原発の再稼働に向けた動きが急ピッチ。「再稼働反対の声」をさらに大きな輪にすることが必要です。
私も参加します。声をあげましょう!!

赤旗の記事から

規制委 伊方原発も「適合」と判断

住民避難は対象外 批判の声

写真

(写真)四国電力伊方発電所(伊方原発)=愛媛県伊方町

原子力規制委員会は20日、四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働の前提となる原発の規制基準に「適合」したとする「審査書案」を了承し、30日間の意見募集を行うことを決めました。地元などから、事故時の住民避難が審査の対象外など問題が山積したままであり、「審査書案は住民の安全を保証しない」と撤回を求める声が上がっています。

昨年7月の九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)、同12月の関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)に次いで3件目。

伊方原発の敷地前の北側には東西に走る日本有数の活断層群「中央構造線断層帯」が位置し、南にはマグニチュード9クラスの巨大地震が想定される南海トラフがあります。

伊方原発は、細長い佐田岬半島の付け根に位置し、ひとたび事故が起これば、原発の西側に住む約5000人の住民が孤立する恐れが指摘されています。しかし、規制基準の審査は避難計画を審査の対象とせず自治体任せです。

四国電力は、考慮すべき地震の揺れ(基準地震動)を650ガル(ガルは加速度の単位)に、津波の高さを約8・1メートルに設定。過酷事故が起きた場合、最短19分で炉心が溶融し、1・5時間後に原子炉圧力容器が破損するとしています。

規制委は、意見募集後、審査書を確定しますが、審査は他に工事計画、保安規定の認可が必要。また、運転前に使用前点検が行われます。

リーフ012

11018321_368010526737580_3066258964452692888_n

7200件の問い合わせや抗議が!!

今日は徳島県議会経済委員会の所管説明でした。私は商工労働観光部関係の委員会質疑で、大混乱した阿波とくしま商品券問題を取り上げました。私のところへも苦情などの声がたくさん寄せられた問題です。

何と問い合わせや抗議が、県や商工団体、コールセンターに7200件も寄せられたとの答弁、委員会から驚きの声が上がりました。

多額の税金を投入しながら、もちろん希望者すべてにはいきわたらず、、特に弱者の方には届きませんでした。その一方で不正な大量購入も許すなど様々な問題が噴出しました。

またとくしま旅行券の問題では、インターネットオークションサイトに出品がなされるなどの不正があり、県警に相談しているとの答弁もありました。

この事業の整理と分析を図るといいますが、今後も監視の必要があります。

写真は、控室でのモニターテレビでの経済委員会の私の質問風景。農林水産部の質疑でTPP問題のところですが、上村・達田県議が「聞こえなかったよ、残念」と・・・・

夜には、いっせい地方選挙の県後援会のご苦労さん会が開かれました。
林伸豪県後援会長のあいさつではじまりました。
三人の県議団全員参加しています。
古田前県議にもご苦労さんの花束が贈られました。

11018321_368010526737580_3066258964452692888_n 11218473_407322762784468_7990094357413620111_n

 

11206977_406488309534580_2656589806953954246_n

広くなった県議控室で!!

今朝の朝宣伝はわたなべ亜由美市議が用事のため、新婦人会長のつれあいがマイクを握りました。その後私が訴え・・・

戦争法ストップ、大阪都構想否決、沖縄の3万5千の大集会、オスプレイのハワイでの重大事故や県議会の臨時会の状況などを訴えました。

今日から委員会の所管説明、午後からは、上村差県議と共に、達田県議が委員を務める総務委員会の傍聴に短時間出ました。

広くなった県議控室で三人そろってパチリ!ぜひお立ち寄りください。

明日は私の所属する経済委員会の所管説明です。

6月議会の日程は、県議会のHPにアップされています。

 

11206977_406488309534580_2656589806953954246_n 

11130287_406188366231241_5860049600359659908_n

臨時会で4年ぶりに登壇!!

今日は徳島県議会の臨時会、これからの議会運営について協議。
私も四年ぶりに登壇し、議会改革と政務活動費のあり方の二つの検討会議が四人以上の会派だけが正委員、三人以下はオブザーバーということに反対討論しました。

反対討論は、下に掲載しています。
その後全議員勉強会や検討会議などあわただしく時間を過ごしました。
議場で三人そろってパチリ・・・

(反対討論の要旨)
徳島県議会では、昨年度政務調査費・活動費の不正受給で自民党・県民会議に所属していた2人の県議が相次いで辞職するという前代未聞の不祥事が起こりました。また県議会の7割を占める自民系県議に「お土産」と呼ばれる特典がもたらさるという「なれ合い体質」との報道にも県民から驚きと批判の声が巻き起こりました。

だから選挙を経ての新たな県議会には、議会改革への厳しい視線が県民から向けられています。そこで、議会改革そして政務活動費のあり方の検討会議の設置することは、県民の負託にこたえる県議会として当然の責務です。
ところが議会改革、政務活動費のどちらの検討会議も組織案を見たら、委員8人のうち7人が自民系、これで2人の辞職を出した政務活動費の改革や「なれ合い体質」が本当に改善できるのか多くの県民がそんな疑問を抱きます。

しかし要綱案では、その構成員には、所属議員が4人以上の会派から委員を選任。所属議員が3人以下の会派は、座長が必要と認める場合に、1人の議員を出席させることができるとの提案です。
これでは県民目線の開かれた県議会改革とは、とても言えません。全会派から委員を選任すべきです。

まず指摘したいのは、「徳島県議会政策条例検討会議」には、1人会派を含めすべての会派から委員が選任されています。ところが今回の2つの検討会議は、すべての会派を正式委員にしない、いわゆる交渉会派だけから委員を選任することになっています。

先の会長・幹事長会でなぜ政策条例の検討会議はすべての会派から委員を選任しているのに、今回の2つの検討会議では交渉会派だけにするのか、なぜすべての会派から公正に、委員を選任しないのか明確な説明を求めました。ところがまともな答弁は聞けませんでした。
私がさらに質問を進めようとすると多数の力で質問をシャットアウト、これでは十分な議論が尽くせないと私は本会議で討論することを決めました。

議会における最高規範とされる県議会基本条例の26条には、「議会は、議会活動について、県民に対し説明する責任を果たすことにより、その透明性の確保に努める」と書かれています。
まともな答弁ができなかったこんなことで説明責任を果たし、透明性確保ができますか。

すべての会派から委員を選任するのにどんな不都合があるというのでしょうか。

第2に、先にも示したが、2013年2月に全議員が提出者になり、「徳島県議会基本条例」そして全国初となる「議会改革行動計画」が策定されました。
ここでは、「開かれた県議会」、「監視・評価機能」、「政策立案機能」及び「議会改革」を基本方針に掲げ、議会活動を行うとしています。
その基本条例には議会運営の原則のトップに「議会は、県民に開かれ、透明性の高い運営に努める」と記され、基本理念では「公平かつ公正な議論を尽くす」ことも求められています。
また行動計画には、効果的な議会運営のなかに「議会運営に係る会派(4人以上)の見直しを行い、多様な民意の反映を行うとともに、議会の活性化を図ります」という項目も検討課題に記されています。従来通りの4人以上の会派から正委員、あとはオブザーバーというのでは、旧態依然とした慣行であり、議会基本条例の形骸化といわれる事態です。

文字通り、議会改革行動計画は、議員が改選されるごとに見直すという精神からも、多様な民意の反映、そして議会活性化をめざすというなら政策条例検討会議同様に、議会改革・政務活動費のあり方の両検討会議にも、すべての会派から委員を選任すべきです。

11130287_406188366231241_5860049600359659908_n

 

 

 

 

 

11215879_405712779612133_5462883816320945828_n

歴史的な5・17!!

今朝は私の住むしらさぎ台の一斉清掃、汗ばみながら草抜きに・・・・
その後健生上八万支部総会の開会前にあいさつさせていただきました。
戦争法ストップさせ平和と医療・暮らしを守るため力を尽くしますと・・・

午後からは久保徳島地区委員長と共に、戦争法ストップの街頭宣伝に出ました。

その後打ち合わせ、地域の支部の総会に参加し、「本当によかったね、これからも頑張ろう」とみんなが喜んでくれています。

夜は相談活動、先ほど帰宅しましたが、一服後明日の討論を書きあげねばなりません。

3万5000人以上が参加した沖縄県民大会、日米両政府に対する島ぐるみのオール沖縄の闘い、すごいです。これを徳島でも全国にも広げねばなりません。

たった今大阪都構想反対が上回ったとの速報、これもすごーいです。

歴史的な5・17でした。

11215879_405712779612133_5462883816320945828_n

 

 

2015.5.16島田・加茂名・名東支部の宣伝 006

支部・後援会の皆さんと宣伝行動!!

徳島市のスーパータクト前で、島田・名東・加茂名地域の支部と後援会の皆さんと「戦後最悪の憲法破壊『戦争法案』許すな!」の大宣伝行動をしました。

19人が参加し、久保徳島地区委員長と共に私も訴えました。
駆け寄って握手をしてくださる方、車から手を振って声援くださる方など激励を受けました。さらに「戦争法案」阻止に向け運動を広げます。

昨日の会長幹事長会で、徳島県議会改革検討会議と徳島県議会政務活動費の在り方検討会議を設置することになりました。
政務調査費・活動費の不正受給で自民党・県民会議に所属していた2人の県議が昨年度相次いで辞職した徳島県議会、県民のきびしい視線が注がれています。
しかしどちらの検討会議も所属議員が4人以上の会派自民県民会議、明政会、新風・民主クラブの3会派だけが正式委員で、3人以下の会派はオブザーバー、これで県民に開かれた県議会といえるのかと主張しましたが、聞く耳持たず・・・
18日の臨時会で私が反対討論をすることにしました。

 

2015.5.16島田・加茂名・名東支部の宣伝 006

11143184_352579691616068_5683107290715484376_n

戦後最悪の憲法破壊「戦争法案」を許すな!

 安倍内閣が戦争法案を閣議決定をしたことに抗議して、日本共産党徳島県委員会・地区委員会、それと徳島労連は15日早朝、JR徳島駅前で街頭宣伝とビラまきを行いました。
驚いたのは若い人たちが次々とビラを受け取ってくれること。通学中の高校生がいったん通り過ぎてから、「ビラを下さい」と引き返してくる場面も複数回目撃。この若者たちを絶対に戦場に送ることはできません。
党と労連で約400枚のビラを配布しました。(選挙中でも250枚ほどまければ「反応いいな」というくらいなのにね)。

古田美知代元県議とその議席を引き継いだ上村恭子県議、見田治徳島市議、県議候補として大奮闘した手塚弘司徳島地区副委員長、古田元則県書記長と共に私も大型宣伝カーから訴えました。
今日は県下各地で支部や議員団が「戦争法案許すな」の行動に打ってでました。

その後、会長・幹事長会に出席。中身は明日にでも報告します。

県議団会議を行い、その足で地元後援会のご苦労さん会へ・・・

日本共産党上八万 入田後援会は、今日、私ととわたなべ亜由美市議を囲んで一斉選挙のご苦労さん会しました。「県議も、市議も全員当選できて本当に良かったね」と笑顔いっぱいの会となりました。ビラを配り後援会ニュースを配り、電話をかけて支持のお願い。みんなで勝ち取った勝利です。継続は力。これからも「地道にコツコツ」後援会ニュース配って、自力をつける。次は参議院選挙。春名眞章さんの出番です。

11143184_352579691616068_5683107290715484376_n 10421405_448958208615912_4776304426817765528_n

「戦争立法」法案閣議決定許せない!!

安倍内閣が「戦争立法」を閣議決定し、明日衆院に提出しようとしています。絶対に許せません。今日東京の仁比参議院議員の部屋で、申し入れをする中でこのニュースを聞きました。

一代国民運動の時です。中央からも訴えが出されました。

「戦争立法」を阻止する国民的大闘争の募金へのご協力を訴えます

2015年5月 日本共産党中央委員会

全国の党員・支持者のみなさん。

安倍内閣は、日本を戦争する国につくりかえる「戦争立法」を、いま開かれている国会で成立させようとしています。この「戦争立法」を阻止するたたかいは、日本の国のあり方、日本の命運を左右する文字通り歴史的なたたかいです。

「戦争立法」は、11本で構成され、「平和と安全」の名称をつけていますが、いずれも憲法9条を真っ向から破壊する内容です。第一は、アメリカが世界のどこであれ、アフガニスタン戦争やイラク戦争のような戦争に乗りだした際、自衛隊が従来の「戦闘地域」までいってこれを支援することができます。第二は、3500人もの戦死者を出しているアフガニスタン国際治安支援部隊のような活動に自衛隊が参加することになります。第三は、日本がどこからも攻撃されていないのに、集団的自衛権を発動してアメリカの戦争に自衛隊が参加し、武力行使に乗り出す道が開かれます。しかも、安倍首相は、日米首脳会談で、当時まだ国会に提出してもいなかった法案の成立を約束しました。自衛隊を海外の「戦地」に派兵し、「殺し、殺される」戦闘を行う―憲法を破壊する「戦争立法」を断じて許すことはできません。

「戦争立法」反対、「9条守れ」の声は国民の多数です。日弁連などの法曹界、宗教界など幅広い団体や保守の政治家なども反対の声をあげており、「戦争立法」反対の一点共闘はあらたな広がりをみせています。全国の職場、地域、学園で、思想・信条・宗派の違いを超えた国民的な共同を大きく発展させましょう。いっせい地方選挙で「戦争する国づくり」ストップを大争点におしだした経験を生かしてただちに宣伝・対話、集会・つどい、パレードなどを全国津々浦々で展開しましょう。

日本共産党は、戦前から侵略戦争に命がけで反対し、日本国憲法の平和・民主主義が花開く社会をめざす政党として、国民のみなさんと力を合わせて「戦争立法」を許さないたたかいに全力をあげます。今回の募金は、この歴史的な国民的大闘争を前進させるための、宣伝物や諸闘争を支える費用として活用するものです。全国の党員・支持者のみなさん、「戦争立法」を何としても許さないという熱い思いを込めた募金をお寄せ下さることを心から訴えます。

【「戦争立法」阻止の国民的大闘争をおこすための募金】の送り先

日本共産党中央委員会、または都道府県委員会、地区委員会、党支部などで受け付けます。職場、地域、学園のもよりの党員、党議員、党事務所などにお渡しください。

中央委員会に送金される場合は下記にお願いします。

郵便振替の場合

口座番号

00170-7-98422

加入者名

日本共産党中央委員会

通信欄に、住所、氏名、職業、および「戦争法阻止募金」と明記してください。

銀行口座から送金の場合

ゆうちょ銀行 店番 〇一九

(ゼロイチキュウ)

口座・受取人名

当座0098422

ニホンキョウサントウチュウオウイインカイ

送金と同時にbokin@jcp.jpに氏名、住所、職業、金額、および「戦争法阻止募金」と明記したメールを送信してください。

※いずれの場合も送金手数料はご負担ねがいます。



10956634_404640709719340_3964522453630895653_n

2人の徳島市議と「戦争立法ストップを」と!!

今朝、吉野橋交差点で見田市議と佐古3番町交差点付近では船越市議や佐古後援会の皆さんと宣伝行動をしました。

戦争立法ストップ、憲法9条壊すな、オスプレイの配備計画反対などを訴えました。出勤途中の皆さんからも温かい声援をいただきました。

明日安倍自公政権が、戦争立法を閣議決定し、翌日国会に提出、日本の命運をかけて「憲法壊すな、戦争立法許さない」一大国民運動が広がります。徳島でも様々な宣伝行動が繰り広げられます。

10956634_404640709719340_3964522453630895653_n

11214038_404640883052656_7584119529742166350_n

10373947_404347773081967_6049668342361615989_n

タスキをかけて!!

今朝の朝宣伝、台風の影響で風が強まる中地元後援会の皆さん、わたなべ亜由美徳島市議と共に訴えました。

「戦争立法ストップの声を広げましょう」、「大阪都構想にも反対の声を届けましょう」と呼びかけました。

私も久々に日本共産党徳島県議団のタスキをかけて・・・・

その後県議団会議を開きました。3人の県議とふるた前県議、富山元事務局長で当面の取り組みを協議しました。 現在控室は部屋替え真っ最中、午後にも部屋へ寄りましたが座るところもありません。

台風もどうやら温帯低気圧になり通り過ぎたようです。被害が心配です。

10373947_404347773081967_6049668342361615989_n