市田さん1

市田さん迫力の訴え!!

今朝は6時から佐古の朝市へ。船越市議や地元支部の方とビラまきとあいさつ、続いて問屋町での「びっくり日曜市」で上村恭子さんとともに宣伝、その後あいさつ。

9時から徳島建労の住宅デーの激励に。

地域の人たちにも喜ばれる包丁研ぎや、マナ板削り、サッシの張り替えなど熱心に作業されていました。

建労の仲間がボランティアで、、手際よく仕上げる姿は頼もしい、若い人たちも参加し素晴らしい取り組みです。

午後からも住宅デーの激励と「市田副委員長と語りあう集い」でした。

私が開会あいさつをし、一斉地方選の候補者と現職議員の紹介、板野選挙区の手塚県議候補が決意表明。

その後市田さんが今の情勢、日本共産党の路線、理念、歴史を丸ごと語られました。

途中から上着を脱ぎ、落ち着いた、ユーモアを交えた市田さんの迫力ある訴え、力強いです。

最近入党した方からも入党した思いを、2人の方がお話しされました。これもよかった・・・。

つどいの後20代の若者が入党、これもすごいです。

市田さん1S21400552014.5.25建労が住宅デー 021

 

DSC_0175

お母さんたちの怒り!!

午前も午後も街頭宣伝。あつーい!

古田県議とともに、津田地域で街頭宣伝していたら、裏のお宅から「娘たちと憲法9条の話をしていたところなんよ。忙しいけど山田さん話をして」とのリクエスト。古田県議と一緒にミニ集いのようになりました。

孫を抱えたお母さん、若い2人のお母さん、今の安倍さんの「戦争する国づくり」に危機感を抱いています。

「孫や子供が殺し、殺される国にしてはダメ」、ここでも大きな激励をいただきました。

夕方地域であいさつ回りをしました。一通の手紙をいただきました。

私が尊敬した大先輩の奥さんが「今は亡き主人もどこかできっと山田君頑張ってくれと応援していると思います」と・・・。

こみ上げるものがありました。本当にありがとうございます。

「今テレビで自民党の幹事長を見て、頭にきたんよ」とここでも怒りの声、お母さんたちは集団的自衛権の暴走に怒っています。

お母さんだけではないですね、徳島からきっぱりと審判下しましょう。

DSC_0175

2014.5.23 98回目金曜日行動 027

98回目の金曜日行動に!!

今朝は定例の駅前朝宣伝でスタートでした。消費税廃止各界連絡会の皆さんが10%増税ノーのチラシをまき、新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会の皆さんも最近作成したチラシを配布されていました。

いずれの問題も、県議補選で審判を下す課題です。

その後も街頭宣伝、あいさつ回りを続けましたが、活動の合間を縫って98回目の金曜行動に参加しました。

私はマイクから「今回の大飯原発再稼働差し止めの福井地裁判決は、徳島を含め全国の運動と世論、国民のたたかいが画期的な判決を生み出した」と訴えました。

今回の判決は、憲法で保障された人格権は最優先されるもの、原発の本質的危険性を認めるなど画期的内容です。

全国で48基ある原発はすべて停止していますが、そのうち18基は再稼働申請中、今回の福井地裁の判決を重く受け止めるなら、再稼働は即刻中止すべきです。

手塚さんが、徳島の金曜日行動は、県議補選の告示の6月6日が100回目のメモリアルデーだと・・・「私は必ず参加します」とも訴えました。

2014.5.23 98回目金曜日行動 027

S2140008

県教委へ申し入れ!

今朝の朝宣伝、地元上八万の皆さんとともに、「大飯原発再稼働認めず」、「厚木騒音訴訟自衛隊機の飛行差し止め」などの素晴らしい判決を知らせ、安倍政権の暴走ストップの審判を徳島からと訴えました。

安倍政権の暴走との関連で、党が発表した「安倍政権の『教育委員会改悪法』に反対する国民的共闘をよびかけます」というアピールを県教委に渡し、教育次長らと懇談しました。

この「教育委員会改悪法」は、衆院で強行可決されましたが、全国の教育関係者が立場を超えて、心配や反対を表明。 世論調査でも75%の人が「政治家が教育内容をゆがめない歯止めが必要」と答えています。 侵略戦争の美化の「愛国心」教育と異常な競争原理の押し付けという、“安倍教育改革”を強行するため、教育委員会を国と首長の支配下におくこれがこの法案の正体です。

懇談では、突っ込んだ見解は示されませんでしたが、政治的立場を超えて「教育への政治支配は許せない」、「教育委員会制度の改悪反対」の声をさらに広げようと思いました。 さっそく地域の小集会でも報告しました。 S21400082014.5.22県教育委員会と懇談 山田2

10402576_244271539109855_2943320430074317087_n[1]

大飯原発運転再開認めない判決!!

古田県議とともに、徳島市南部を街頭宣伝で回りました。

久々に出会った方とがっちり握手、わざわざ車を止めて「頑張って」と手を出された方など今日も様々なドラマをいただきました。

街頭宣伝終了直後ビッグニュースが・・・。

福井地裁で、関西電力大飯原発3・4号機の再稼働差し止め命じる画期的な判決が出ました。

「差し止め認める」、「司法は生きていた」当然とはいえ、素晴らしいニュースです。

夕方県委員会の近くのお地蔵さんと楽しい対話!?ゆっくりとした時間が楽しめます。

陽が長くなりましたが、夜までもうひと頑張り、歴史は動いています。

10402576_244271539109855_2943320430074317087_n[1]

10341774_256705421179537_5455132855351678205_n[1]

 

10364054_224555921088665_9031685315838129502_n[1]

訴えて、訴えて!!

 

今朝は民医連職員有志後援会の皆さん、見田徳島市議とともに、徳島健生病院前で、おはよう宣伝。

笑顔がこぼれる明るい宣伝になりました。「さあがんばるぞ」という意気込みが伝わってきました。

午後からは渭北・川内・加茂方面で街頭宣伝、”雨にも負けず”で訴えました。人通りはすくなかったですが、2階のベランダからずっと聞いて拍手を下さる方、軽自動車の中で終わるまで聞いてくれ拍手を下さる方などなど温かい激励をいただきました。

県後援会の役員会で林会長が「県議補選は、勝ちにいくたたかい」とのあいさつ、私も「安倍政権暴走ストップの審判、オール与党に対抗し、県政をチェックする議席実現に、力を貸してください」と訴えました。

10364054_224555921088665_9031685315838129502_n[1]

10174838_235846339956071_8592401423686002886_n

「市田さんが日本共産党をまるごと話します」!!

10174838_235846339956071_8592401423686002886_n

地域で後援会ニュースを配布しながら、あいさつに回りました。この地域は今が田植えの真っ最中、あぜ道での話にもなりました。

「TPPどうなっているんで、心配ないんだろう」と。

もともと安倍政権がTPP参加を決めた際「重要五項目」が守れないかぎり,「交渉から脱退も辞さない」と公約しています。

「関税の撤廃はもちろん削減も公約に違反するのは明らか、TPPからの撤退こそ急ぐべきです」と・・・。話が弾みました。

市田忠義副委員長の「日本共産党を語りあうつどい」に、地域の支部の方たちとお誘いにいきました。

「市田さんが日本共産党をまるごと話すよ」というと「参加する」との返事、期待が高まります。

 

10376847_253797351470344_6276650381259329237_n[1]

恒例の平和行進が!!

10376847_253797351470344_6276650381259329237_n[1]

びっくり日曜市の朝宣伝でスタート。街頭宣伝後古田県議とお店の人、買い物されている方にあいさつ。新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会の皆さんにもあいさつしました。

今日は毎年恒例の平和行進。市内3か所でパレードを行い、藍場浜公園で集結集会が開かれました。

私も一言あいさつ、「皆さんの一歩、一歩が来年のNPT再検討会議での、核兵器廃絶条約の交渉開始を実現する力です」と訴えました。

「子供たちに核のない世界を」署名にも力が入ります。

午後には、中川美波町議とともに徳島駅前周辺で街頭演説。カッターシャツにたすきをかけ、汗を拭きながらの訴えです。

「本番でもこの場所で訴えてね」、「よくわかった、知り合いにも頼むから」などなど温かい声援、有り難いです。

しかし補選があることを知らない人も多くいます。さらに訴える機会も増やさねばと思いました。

 

10306763_240918116115560_5270554511253471940_n

事務所開きが!!

10306763_240918116115560_5270554511253471940_n

10339767_240918222782216_5910647363500853685_n

山田豊後援会の事務所開きが夕方あり,大勢の方に参加をいただきました。

多くの党員・後援会員・支持者の皆さんの協力でスタートが切れました。本当にありがとうございました。

とくに古田県議には大変お世話になりました。

その古田県議の司会で、各方面の皆さんから、温かい激励をいただきました。

皆さんからいただいた激励や言葉をしっかり受け止め、全力を尽くします。

事務所のど真ん中に、古田県議が書いた「選ぶならやっぱり一人は共産党」このスローガンが今度の県議補選での合言葉です。

情勢が、大激変しています。この事務所を拠点に、政策を堂々と訴えぬきます。

 

山田豊事務所びらき案内ビラ5月13日大きい画像

大きな変化が!!

山田豊事務所びらき案内ビラ5月13日大きい画像

今朝は、上村きょうこ県議予定候補とともに、、徳島駅頭の朝宣伝からスタート。

「憲法を壊し、日本を海外で戦争をする国」にしようとする安倍政権の暴走は、ストップさせよう」と訴え、地元の徳島新聞でも社説で「解釈改憲の暴走はやめよ」と報道、加藤紘一元自民幹事長も、日曜版の紙上できびしく批判、保守の政治家、マスコミを含め海外で戦争する国づくりは許せないという声が徳島はもちろん、日本中に広がっています。

徳島から安倍政権の暴走ストップの審判を、今度の県議補選で示そうと訴えました。

地域を回っていくと、戦争に巻き込まれる危険を感じている、共産党ががんばってほしいとの期待の声が多く出されました。中でも女性の声が多くありました。

地域で自民党の役員だった方の奥さんも、「不安を感じています。是非こんな流れを断ち切ってください」と日曜版の購読もしていただきました。大きな変化が起こっています。

古田美知代県議の事務所を、お借りして明日事務所開きを行います。」古田さんと一緒に、事務所周辺をご挨拶に回りました。

いよいよです!