yamada のすべての投稿

IMG_1400

地域の新年会で市議と一緒にあいさつ!!

地域の健生役員会新年会に、船越徳島市議とともにあいさつさせていただきました。

健康と平和を守る地域の取り組みをすすめる健生の活動は、とても重要です。

「社会保障が壊されるこんな国の悪政と防波堤になっていない県政を転換させるため力を尽くします」と・・・。

皆さん明るく、元気です。

私もエネルギーを充電させていただき、あいさつ回りに出ました。

IMG_1400

 

10934064_357798664403545_7745143314523261992_n

児島元県議宅に捜索が!!

「政務調査・活動費の不正受給問題で、元自民県民会議の児島県議宅に県警が虚偽公文書作成・同行使と詐欺の疑いで、家宅捜索した」との報道が・・・。
背景に県民の税金という感覚が麻痺したオール与党議会の問題があるようです。
児島元議員に続いて、同じ自民県民会議に所属していた有持議員も不正受給で議員辞職、あまりにも異常です。
党県議団は、児島元県議の政務調査・活動費の全容解明と全議員の支出内容の改めての審査などの対策を早急にとるべきと申し入れをしていました。

今朝の朝宣伝に続き、午後から地域での街頭宣伝、寒い中オートバイを止めて熱心に聞いてくださる方、車をUターンして聞いてくださる方など今日もドラマがありました。

 街頭宣伝を聞いていただいた方に、感想と赤旗日曜版の購読をお願いしたら「政治が不安です。私の思いをしゃべってくれてありがとうございます、頑張ってください。読ませていただきます」と主婦の方が、また別の所でも聞いてくださった男性の方が購読してくださる・・・。全く存じ上げない2人の方が日曜版読者に、先日も佐古地域で女性の方が街頭宣伝中に赤旗日曜版を快諾。
日本共産党への期待が広がっていると肌で感じます。10934064_357798664403545_7745143314523261992_n

10750037_317255285148509_4602582832687736785_o

恒例の「新春のつどい」が!!

徳島市日本共産党後援会は、恒例の「新春のつどい」を行いました。今年は「庶民の願い届ける議席を必ず!いっせい地方選挙勝利をめざして」とのサブタイトルのもと110人が参加しました。

壇上に勢ぞろいした徳島市内の県議選・市議選に立候補予定の7人衆、今期勇退する中野市議と古田県議です。

「躍進した衆院選の流れをさらに広げいっせい地方選勝ち抜きます」と・・・・。

手作りのお料理、後援会の余興など楽しく、元気が出るつどいでした。

準備をいただいた皆さんありがとうございました。10750037_317255285148509_4602582832687736785_o 2015-01-12 11.38.26   2015-01-12 13.49.50 - コピー

 

738_large1-600x372

やってきたチャンスにボヤッとしたらダメ!!

昨日の徳島労連の「新春旗開き」でのJMIU光洋シーリングの丸山書記長とあいさつをしました。

「非正規社員だった44人の組合員が正規社員になった2010年以降、6人が結婚し、14人の子供が生まれたことが紹介され、いかに正規になることが将来の生活の安定につながっているかが分かる」と、以前の新聞記事が話題に・・・。

それには後日談があって「正規になったうち、6人が家の新築したんでよ」と・・・、地域経済にも貢献しています。写真は昨年の春闘決起集会の模様です。

徳島労連の森口事務局長も「県は事業者に正規雇用の拡大を要請すべき」と。

若者の夢と希望を奪う「生涯ハケン」を押しつける安倍政権に「地方を守る」資格はありません。「地方創生」とか「地方を守る」とかいいますが、非正規が増える徳島の現状から本気で正規を増やす取り組みを国も県も真剣に取り組む時です。

「ようやく、ぐうっと上向いてきましたね。今一番まっとうなことを言っているのは共産党と赤旗です。・・・やってきたチャンスにボヤッとしていたらダメです。チャンスはつかみ取ること。」以前日曜版に報じられた寂聴さんの言葉がズシッと心に響きます。

今日もごあいさつと「この新聞をお読みください」と地域を回りました。新たに3人の方が読者に・・・。

738_large1-600x372

2015-01-10 17.34.14 (1)

徳島労連旗開きに!!

今日も地域での街頭宣伝、とても冷え込んでいました。

えべっさんは今日が本えびす♪ここでも「景気回復のためにも、消費税10%増税はきっぱり断念させ、大企業・富裕層など負担能力があるところから税金を取る改革と大企業などの内部留保の活用で景気回復を」と訴えました。

佐古地域の宣伝の中で、寒い中ずっと聞いてくださる女性にお話をすると「非常によくわかりましたよ、民間企業に億単位の補助金初めて知りました。頑張ってください」と励まされ、日曜版の購読もしていただきました。今日も様々な激励をいただき、「寒い中でもやってよかったね」と運転手やアナウンサーをしてくれた娘からもこんな声が・・・。

宣伝が終わり、徳島労連の旗開きに参加。上村恭子県議候補があいさつ、手塚県議予定候補、わたなべ徳島市議予定候補、古田県議も並んでごあいさつしました。2015-01-10 17.34.14 (1)

 

 

全労連の盛本達也常任幹事が「大幅賃上げ、労働法制大改悪・戦争する国づくり反対の統一ストを」などを呼びかけました。

10896238_356180474565364_1601251790373713704_o

九条の会徳島 朝宣伝!!

今日1月9日は、九条の会徳島の朝宣伝行動。元町ローターリーの東西南北の角にそれぞれ横断幕を掲げ立ってアピール。隣りは見田徳島市議です。
直後には徳島駅前での定例金曜日朝宣伝、マイクから「今必要なことは、憲法9条の理念に沿って平和外交を進めることです。日本の前途を危うくする『海外で戦争する国』づくりを許さない広大な国民的共同が重要です」と・・・・

知事選告示まであと76日、県議選告示まで84日、全力投球です。

その後地域での挨拶や地域での街頭宣伝、今日も様々な激励をいただきました。

夕方6時は原発なくせ・再稼働反対の金曜日行動131回目になります。寒い中でしたがリレートークにも参加しました。

10896238_356180474565364_1601251790373713704_o

阪神・淡路大震災からまもなく20年!!

建労班長会の始まる前の雑談の中で「新町西再開発なんかやめて、津波・防災対策を」こんな話で弾みました。

今年は阪神・淡路大震災から20年の節目の年です。

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災は1週間後の17日で発生から20年。

私の弟や母も長田の町で被災しました。幸い無事でしたが、家は潰れました。

昨年も神戸市内を一望できる中央区の諏訪山公園ビーナスブリッジでの「1・17市民追悼のつどい」に参加しました。

、午前5時46分、トランペットを奏で、読経に合わせて順番に「神戸・希望の鐘」をつき、手を合わせました。

今年も駆け付けたいそんな思いでいます。

 

 

522038_365003480344719_4000849739907534484_n

戦後70年、被爆70年!!

今朝は吉野橋交差点で見田市議と、佐古2番町交差点で船越市議や佐古後援会の皆さんとの宣伝でした。

第2次世界大戦終結と日本のアジア・太平洋戦争での敗北から70年の今年は、アメリカが広島と長崎に原爆を投下した「被爆70年」です。原爆は多くの人命を奪い、放射線による被害は、戦後も長く被爆者を苦しめてきました。

4月末からは国連本部で5年ごとの核不拡散条約(NPT)再検討会議が開かれます。なんとしても今年を「核兵器のない世界」への転機としようと訴えました。

昨年の赤旗まつりに東京へ行った際、第5福竜丸記念館に立ち寄りました。

『第5福竜丸は生きている』新藤監督の自筆ののぼりが印象的でした。

「私は広島の出身だから、原爆で広島が破壊されたことは、私自身が破壊されたように考えているわけです。だから『原爆の子』『第五福竜丸』『8/6』『さくら隊散る』、そしてテレビドキュメント『ヒロシマのお母さん』と、原爆を撮り続けてきました」と語った新藤兼人監督。

「核兵器のない世界」への転機の年に、この気持ちを込めて訴えました。

522038_365003480344719_4000849739907534484_n

 

 

2015-01-06 07.53.05

雨がポツポツと・・・

  地元上八万地域の今年最初の朝宣伝。

 後援会の皆さんとわたねべ亜由美市議予定候補とともに、今年の抱負と決意を訴えました。
 雨が心配な天気でしたが、寒くもなく、雨にも降られずによかった・・・。

ところがその後地域回りの折には、ポツポツと降ってきました。午後からはやみ間もありましたが、また降ってきました。そんな中でニュースを持って訪問・対話活動に取り組みました。

夕方には、加茂名地域後援会の皆さんや船越市議とともに、今年最初の夕方宣伝。後援会のMさんも力強く訴えました。

2015-01-06 07.53.05

10904425_354585258058219_8529098095730012604_o

いっせい選挙勝利に向けて!!

 徳島選挙区で今年の一斉地方選に立候補予定の2人の県議予定候補と5人の市議予定候補全員集合して朝宣伝。
徳島駅前では仕事始めの今日、素晴らしい青空が広がっていました。それぞれ決意に満ちたあいさつでした。

その後阿南の保岡市議の葬儀に妻と共に参列しました。学生時代からの友人で、議会活動でも連携した仲間でした。

達田県議の弔辞を聞きながら、保岡さんとの思い出が次から次へと・・・。残念です。

戦い半ばで倒れた保岡さんの意思をつぎ、政治変革の道を進みます。

10904425_354585258058219_8529098095730012604_o