鳴門で秘密保護法撤廃の意見書可決!!


昨日、鳴門市議会で「特定秘密保護法の撤廃を求める意見書」が可決されました。徳島県内では板野町に次いで2例目、市議会では初めてです。
国民の「知る権利」を奪い、報道・言論の自由を抑圧し、平和・自由・民主主義を脅かす「特定秘密保護法」は、日本国憲法とは相容れず、直ちに撤廃を・・・。
非常に時宜を得た意見書です。

徳島でも秘密保護法廃止をめざす徳島大集会実行委員会の準備会が明日開かれるとのこと、是非連帯して取り組みを強化したいと思います。

夕方には健生会館で「原発ゼロ・徳島連絡会」の幹事会があり参加しました。

先の6・21沢田先生講演会の取り組みを振りかえるとともに、伊方原発第4次提訴を受け、四国の全市町村から運転差し止めを求める原告がでることになり、31都道府県1338人(徳島県は24市町村で76人)となったとのことでした。

福井地裁の画期的判決に続けという意見が出されました。

健生会館前では、職員有志の方たちが阿波踊りの練習に汗を流されていました。

徳島は今あちら・こちらで阿波踊りの練習が熱を帯びています。

2014-06-25 22.13.34

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。