IMG_3247

「福島を忘れた大阪高裁の決定」許せません!!


 今朝は、春本番の一歩手前? ? 冷たい空気の中での朝宣伝「春は名のみの風の寒さや」という歌を思い出します。

まず最初に上八万後援会の節子さんが、「今日はスリーマイル島原発事故から38年を迎えます。その日に関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定をめぐり、大阪高裁が午後3時に関電の保全抗告に対する決定文を双方に交付することが分かり、私も関心を持っています」とのべ、原発再稼働NO、原発ゼロの社会をとよびかけました。
わたなべ亜由美市議は、就学援助問題など徳島市政の報告、私は森友問題、共謀罪撤回などとともに2月県議会の報告、そして14年間国政の議席がない四国で白川さんの勝利をと訴えました。

午後3時すぎ、大阪高裁が、関電の保全抗告を認め、大津地裁の判断を取り消す決定が伝わり、怒りをあらわにした住民らは「福島を忘れた高裁決定反対!」と叫んで拳を突き上げたとのこと、もっともです。「3・11後、再稼働に突き進む行政の姿勢にストップをかけられるのは司法だけなのに、その役割、責任に自覚のかけらも感じられない」との弁護団の話しは同感です。「不当な決定に屈することなく闘いをやめない」これが重要です。

IMG_3247IMG_3246IMG_3248

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。