「閣議決定」具体化の法改悪は許さない一点での国民的大闘争を!!


「『建国記念の日』に反対し戦争する国づくりをゆるさない2・11集会」残念ですが日程の関係で参加できませんでした。。

志位委員長が10日の演説会で憲法9条をめぐっては二つのたたかいを訴えました。

第一は、今国会の最大の対決法案となる集団的自衛権行使容認の「閣議決定」を具体化する法改悪とのたたかいです。志位氏は、安倍政権が5月の連休明けに法案を提出し、国会を延長してでも押し通そうとしていることに警鐘を鳴らし、憲法違反の「閣議決定」の撤回、「閣議決定」具体化の法改悪は許さない一点での国民的大闘争をよびかけました。

第二は、憲法の明文改悪を許さないたたかいです。安倍首相は来年の参院選後に改憲発議と国民投票を行うと述べています。

「憲法9条擁護、改憲阻止のゆるぎない国民的多数派をつくり、戦争への道を必ず阻止しましょう」との志位氏の訴え、その通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。