林伸豪弁護士の「僕と啄木と憲法と―見よ かの青空にB29の飛べるを」という本が


  長年日本共産党徳島県後援会の会長をはじめ平和・人権・はたらく方々を支えてこられ、今も参院選挙の先頭で奮闘されている林伸豪弁護士の「僕と啄木と憲法と―見よ かの青空にB29の飛べるを」という本をいただきました。
 先生の80年を踏まえた人生の「最終準備書面」と思って書いたそうです。われわれ読者が裁判官といわれます。責任重大ですね・・・
 「未来への希望の根源である憲法9条を大切にしたい」、この思いをしっかりかみしめ読みます。
、「僕 見 と か 嘛 青 空 木 に B と 29 飛 おで 憲 る 法 林 仲 豪」というテキストの画像のようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。