連休明け徳島駅前のおはよう宣伝でスタート


 連休明けの今朝は、徳島駅前でのおはよう宣伝、いつもの3人で取り組みました。
 いま危機に乗じて、“日本を守るためには力が必要だ”と言って、「敵基地攻撃」だ、「核共有」だ、「9条を捨てろ」こんな大合唱が起こっています。
 しかし、いま日本が直面している最大の現実の危険はどこにあるでしょうか。
 日本が攻撃されていないのに、米国が軍事行動を始めたら、安保法制=集団的自衛権を発動して、自衛隊が米軍と一緒に「敵基地攻撃」で攻め込む。その結果、その戦火が日本に及んでくる。これが、いま日本が直面している最大の現実の危険ではないでしょうか。
 この恐ろしい道を進もうと思えば、とてつもない大軍拡が必要になります。現に自民党は、軍事費をGDP(国内総生産)比で2%以上、5年以内にやるという。2倍にするというんです。11兆円もの軍事費の財源をどうするのか、消費税増税、社会保障費切り下げなどなど・・・
 危機に乗じて、憲法9条を改定し、日本を「軍事対軍事」の危険な道に引き込み、国民の暮らしをおしつぶす、こんな道はみんなで力をあわせて止めさせようと呼びかけました。
2人、立っている人の画像のようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。