県内で男性2人のオミクロン株感染初確認


 県内で男性2人のオミクロン株感染が初確認されました。「オミクロン株」の感染者が県内で初めて確認されたことを受け、県は対策本部会議を開き、無症状の人を対象に無料のウイルス検査を始めたことを明らかにしました。
5日の時点では、県内24か所の医療機関や薬局などで検査が可能で、このうち、民間企業が設置した徳島市川内町にある検査所では、車に乗ったまま検体を採取する「ドライブスルー方式」が採用されています。検査では、車を駐車場に止めて検査員から窓越しに容器を受け取ってだ液を採取するとのことです。
無症状の人を対象にした検査は今月末までということですが、県によりますと、感染状況によっては期間を延長する可能性もあるということです。
日本共産党徳島県議団ニュース 2022年1月号、表紙と裏の面です。地域にも、県職員さんはじめ、多くのみなさんに見ていただきたいです。
 4人で協議し作成、手分けして、協力もいただき届けます。
日本共産党徳島県議団ニュース2022年1月中の面です。
5人、テキストの画像のようです
18Takashi Inoue、上村 秀明、他16人
いいね!
コメントする
シェア

コメント0件

アクティブ
コメントする…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。