お別れの会に


弟の義父にあたる親戚のお別れの会に参列しました。

お通夜や葬儀も無宗教で、ピアノ伴奏が流れるあまり経験したことがない式でした。

私より若いお父さんだったので、ご家族も残念な思いのようでした。「父は100歳までは生き抜くと言っていたので、残された家族がその遺志を受け継ぎます」との弟の言葉が印象に残りました。

そして聞いたことがなかった「止め焼香」の役割を、弟から頼まれました。参列者の揉めごとを防ぐために採用される焼香の方法で、西日本ではよくあるとのこと、様々な思いと作法などを体感する式でした。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。たかしさん安らかにお眠りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。