四国比例の白川さん、2区の久保さんそして仁木博文衆院議員もあいさつ


 定例の党役員会議に、四国比例で奮闘した白川よう子さんが参加、コロナ危機のもと、大奮闘していただいた支持者、後援会員・党員のみなさんに、心からの感謝が述べられました。
「悔しく残念な結果ですが、野党共闘は、総選挙で大きな前進は遂げられませんでしたが、このたたかいは、最初のチャレンジとして大きな歴史的意義がありました。今後も自公政権を終わらせ政権交代実現という、この道をしっかり歩みたい」と抱負が語られました。2区で奮闘した久保孝之さんと共に花束が贈呈されました。
 又徳島1区で見事勝ち抜いた仁木博文衆院議員も駆けつけ、「共産党の比例カーで、『1区は仁木博文に投票を』の宣伝を聞いて感動しました。野党の立場で、政策協定した内容を実現するために頑張ります」とお礼の挨拶をされました。
・・・・・・
 高知の吉良県議のF・Bより
ホント?
自民大勝、維新大躍進、野党共闘失敗って
●憲法改悪推進政党
【自民党】
2012年292議席
2014年291議席
2017年284議席
2021年261議席
前回から23減。長期低落傾向で、スガの表紙を変えなければ大負けしたはず。
【維新】
2012年51議席
2014年41議席
2017年11議席
2021年41議席
前回、西は維新、東は希望の党と調整し11議席に激減してたのが、希望の党が消えたので元に戻っただけ。
●市民と野党共闘の政党
【立憲民主】
2012年57議席(民主)
2014年73議席(民主)
2017年55議席(立憲民主)
2021年96議席(立憲民主)
今回は小選挙区、比例とも伸ばし96。
立憲110議席だったとの報道数は2017年の選挙後に国民、無所属等と合流してできた合計議席数で前回選挙時の所属党派名は違っている。
【共産党】
2012年8議席
2014年21議席
2017年12議席
2021年10議席
小選挙区で候補者を殆ど出さず、市民と野党共闘候補必勝に全力、比例で議席確保。
【野党共闘】
2017年70議席
立憲55+共産12+社民2+れいわ1
2021年110議席
立憲96+共産10+社民1+れいわ3
今回の選挙で立憲主義の野党共闘議席は40議席増えている。政権への共闘は始まったばかりだけどちゃんと前進しており失敗ではなく成功したと言える。
ちなみに、野党共闘小選挙区62議席勝利し、前回敗れていた24選挙区でも競り勝っている。
また、あと一踏ん張りしたら議席に届いた選挙区(惜敗率90%以上)の小選挙区が33あった。
この流れをさらに太く大きくすれば、化石の様な政治は変えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。