「首相の政権投げ出しという事態」政治の転換点に


 徳島駅前でのおはよう宣伝が終了後、9月定例会に向けての議会運営委員会が開かれました。9月定例会の補正予算などの説明と共に、議会の日程の変更が提案され、10月5日閉会の予定が、10月1日に変更、付託の委員会も早まることになりました。
 お昼になり「菅首相の総裁選不出馬」のニュースが飛び込んできました。
「首相の政権投げ出しという事態」です。国民の世論と運動が菅首相を追い詰めました。文字通り今の自民・公明政権の行き詰まりの象徴です。
 いよいよ市民と野党の共闘と日本共産党の躍進で、新しい日本の政治を実現するときですね。
2人、立っている人の画像のようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。