628422

今からでも五輪中止を


新型コロナウイルス感染拡大への警戒を県民に促すという「とくしまアラート」の警戒レベルを、それまでの「感染観察強化」から「感染拡大注意漸増」に1段階引き上げるとの連絡が入りました。

対策本部会議では今月20日までの直近1週間の感染者が43人、確保できている病床の使用率も20.5%と、いずれも県独自の警戒基準、とくしまアラートの指標でステージ2相当となったことや、感染力が強い、インドで確認された変異ウイルス「デルタ株」に感染した疑いのある人が県内でも初めて確認されたことなどが報告され、とくしまアラートを現在の「感染観察『強化』」からステージ2相当の「感染拡大注意『漸増』」に引き上げることを決めたとのことです。
とくしまアラートがステージ2相当となるのは、ことし4月以来となります。

東京でも一日の新規感染者が1800人を超えたのは1月16日以来とのことです。こんな過去最悪の感染状況のなか、23日から東京五輪が強行されようとしています。五輪強行への批判の声はますます強くなっており、私たち日本共産党は、今からでも五輪を中止し、国民の命と暮らしを守れと訴えています。

628422

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。