党創立99周年の今日、名東地域でミニつどいが


今日7月15日、私たちの日本共産党は、創立99周年を迎えました。戦前戦後を通じて約100年、名前を一度も変えず活動する日本の政党は他にありません。

 その記念すべき日に名東地域でのミニつどいがありました。
先の東京都議会議員選挙で当選した19人の新都議、次期総選挙での比例東京ブロック候補が一堂に集まり、志位委員長が選挙結果と総選挙勝利の決意を表明した新宿駅西口での緊急街頭演説をDVDで見ました。拍手・拍手です。
 私からも「日本共産党が誕生して今日で99歳です」という党の歴史と役割、東京都議選やその前の3つの国政補選での市民と野党の勝利・前進を総選挙でも実現し、四国では「白川さんを国会へ」その協力のお願いや6月定例会の県議会の模様も報告しました。
 参加者からも東京で1000人以上の新規感染者が出る中で、東京五輪開催はおかしい、中止すべきという意見や菅政権を退場させて、新たな野党連合政権をなどの意見・感想が出されました。

今日、上空の寒気の影響で、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降ったとのこと。美馬市は大雨で土砂災害のおそれがあるとして、美馬町の3139世帯7134人と、脇町の6705世帯14985人、穴吹町の2492世帯5517人に出していた高齢者等避難の情報を午後6時に解除したそうです。
また吉野川市は鴨島地区と美郷地区に一時、避難指示を出しました。

ことし5月20日に大雨の際などに発表する避難の情報が大きく変更されましたが、県内で、避難指示と高齢者等避難の情報が出されたのは、変更後では今回が初めてとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。