「見よ、かの青空にB29の飛べるを ー 僕の戦争体験と憲法九条」と林弁護士講演


 朝は生健会のHさんとてくてく訪問。「今の菅さんの政治かえんと」などの激励が相次ぎ、3人の日曜版読者ができました。

読者にならなかった方も日本共産党への支持は協力するよとうれしい激励です。引き続きまわろうとの確認もできました。

午後は「九条の会 徳島」の第16回総会と記念講演会に参加しました。

 いつもお世話になっている林伸豪弁護士が、「見よ、かの青空にB29の飛べるを ー 僕の戦争体験と憲法九条ー」と題しお話しされました。
「見よ、今日もかの蒼空に 飛行機の高く飛べるを」
未来を託した夢の象徴であった啄木の飛行機、しかし林少年にとっての飛行機は、徳島市街地を焼き尽くしたB29だった。

戦争一色の日本が敗戦を経て、もたらされた日本国憲法九条。76年間戦争を食い止めてきた。その力の源は世論であり、九条の会の果たした役割は尊く、大きい。と…

もっと見る
1人以上、立っている人の画像のようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。