明日の九条の会徳島の総会&講演会林弁護士が「見よ、かの青空にB29の飛べるを」というテーマで


今朝は冷たい雨の中でのおはよう宣伝。交通渋滞に巻き込まれ到着が遅れましたが、古田書記長と共に訴えました。

 バスも交通渋滞に巻き込まれていたのか、いつもより多くの人がターミナルにいました。
 焦点の問題、接待漬けの目的は、放送行政がゆがめられたのではないか。長男が東北新社に勤め、総務相時代から人事権をふるってきた菅首相への忖度(そんたく)は。「家族の1カ月分の食費よりも高い」と庶民が憤る接待の意図も、菅首相の責任も、うやむやにしてはこうした悪習の根は断てません。
いま国民がコロナ禍にあえぎ助けを求めているとき、自分の所有物のように政治を扱う政権与党。それにつき従う官僚。モリカケ・桜とまったく同じ構図です。
首相が総務相の時代に長男を大臣秘書官に据え、東北新社関係者にも引き合わせた。
そのなかで双方のとんでもない癒着が起こり、疑惑の“土俵”をつくったのは首相自身です。首相は真相解明に責任を果たすべきです。こんな政治をチェンジさせましょう。
 このほか昨日までの委員会審議、新ホール建設、県版プレミアムポイントやマイナンバーカード問題、米軍機の低空飛行問題などを報告しました。
 終了後控室に直行、達田県議と共に調査に行きました。
明日「九条の会徳島」の総会と記念講演があります。講演は、九条の会徳島の呼びかけ人の一人で、おなじみの林伸豪弁護士が「見よ、かの青空にB29の飛べるを」とのテーマででのお話しとのことです。楽しみです。
1人以上、立っている人の画像のようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。