IMG_5123

新型コロナ対策チームの第41回目の会議が


新型コロナ対策チームの第41回目の会議でした。藍住町の医療機関で、クラスター発生、関連が26人になりました。高齢者施設でもクラスターが発生しました。

全国でも高齢者施設や医療機関でのクラスター(感染者集団)が多発するなか、全国の半数を超える25都府県が社会的検査を実施または計画しています。自治体レベルで高齢者施設や医療施設などへの社会的検査とその計画が広がっていることが赤旗の全国調査(2月12日一面)で明らかになりました。調査は9~11日にかけて、47都道府県の担当者に、医療機関・高齢者施設などで、感染者が判明していない場合にも職員や入所者に対するPCR等検査(社会的検査)を実施しているかなどについて聞き取ったものです。徳島県でも大規模検査戦略が不可欠です。

今朝の時点では、426例でしたが、午後新たに4人の感染が報告され、累計で430人になりました。

午後県平和委員会や阿南平和委員会が、米軍機によるドクターヘリの異常接近再発防止などの要請に同席しました。

IMG_5123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。