朝・夕の街頭宣伝で


 朝の上八万後援会とのおはよう宣伝は、20度以下ということもあり、ジャケットを着ての宣伝でしたが、17時からのおかえり宣伝はクールビズで、汗を拭いながらのスタンディング&トーク。
加茂名後援会の皆さんなど7人で取り組みました。
「安倍政権の継承」を最大の看板に掲げた菅さんを新総裁に選んだということは、自民党全体がこの道を選択したことになります。 しかし、内政、外交、政治モラル、コロナ対策、どの問題をとっても「安倍政治」の行き詰まりは明らかであり、行き詰まった道を「この道しかない」と突き進むことに未来はあるでしょうか。
 菅新総裁の政治の基本は『自助、共助、公助』と述べました。政治の側がまず自助、自己責任だと言い出したらおしまいです。冷酷な新自由主義の暴走が、菅体制のもとでいっそう酷くなることを強く警戒しなければなりません。
こうした人物に、日本の政治のかじ取りをまかせるわけにはいかない。市民と野党の共闘の体制をしっかりつくりあげ、総選挙で、菅体制を倒し、政権交代を実現するために力をお貸しくださいと訴えました。明日から始まる代表・一般質問、その後の付託委員会で新型コロナ対策などに全力を挙げます。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立っている人、屋外
 
いいね!
コメント
シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。