徳島県党の経験交流決起集会が


 今朝は県事務所の宿直。9月定例県議会の開会が終わり、本会議質問、付託の委員会と続きます。
 今朝も資料に目を通していました。コロナ支援で、緊急小口や総合支援資金の申請件数に対する決定件数が、全国平均より14%余り低い、県社協との交渉の経過を伺いました。改善が早急に必要です。
 すごいニュースが、自らの主張を貫き、多くの人の心をつかんだテニスの全米オープンで大坂なおみ選手が優勝、心からおめでとうございます。

徳島県党の経験交流決起集会が開かれました。全国都道府県委員長会議を受け、上村県委員長が情勢と総選挙勝利の土台になる「特別月間」の取り組みを報告、2区に挑む久保徳島地区委員長が決意を述べました。

 この間の貴重な取り組みの経験が次々と発言され、明日の行動につながる集会になりました。
「日本共産党の躍進で、安倍政治を終わらせ、新しい日本をつくろう」、「白川さんの勝利で四国から野党連合政権の扉を開こう」、「そのためにも選挙勝利の土台 特別月間を成功させよう」と、参加者と共に「団結ガンバロウ」を三唱しました。
写真の説明はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。