集いの後イベント関連業者の方から新型コロナの影響聞き取り


今朝は、名東地域のつどいに参加しました。小人数のつどいですから消毒薬も準備された中で開かれました。

やはり新型コロナの報告をさせてもらった後も、参加者から様々な意見や疑問なども出されました。

徳島市長選のことをはじめ市政問題にも様々なご意見が出されました。

綱領パンフと私の今週号のニュースも配布して、安倍政権をやめさせ、野党連合政権をつくりましょう、そのためにも強く大きな党づくりにご協力をと訴えました。

午後には、イベント関連の業者さんから我々党新型コロナ対策チームのメンバーで、新型コロナ感染症の影響について詳しくお話を伺いました。

「イベントの多くが中止になり3月だけでも数百万の影響があった。しかし融資というのは、いつかは返済せんといかんようになる。それが返せるという見通しはたたない。私は苦しいけど、県などの融資は受けずに対応したい」と・・・

融資ではなく助成が必要です。同時に県などがこういう業者の皆さんの声を聞かねば、琴線に触れた対策などできないんではないでしょうか。

明日も医療関係の方の意見を聞かせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。