新型コロナ感染症対策の30億円の補正予算を質疑


 今日は議会運営委員会が開かれました。その後県議会の4つの常任委員会が開催され、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、徳島県は緊急対策として、経営の厳しい中小企業などへの一時金の支給や、医療・検査体制の強化などを盛り込んだ、総額およそ30億円の補正予算案を提出、その集中審議しました。
 私も危機管理部局の質疑で、今年度の危機管理調整費1000万円を10億円に拡大する積算根拠や使途は危機管理会議で決めるというが、どういう使途が考えられるのかなどを質問しました。
 また医療機関などに関する新型コロナ相談センターと中小企業などの事業資金などの相談が柱になっているが、高知県では、危機管理部門でその他の相談を受ける総合的な仕組みを3月3日作ったとされるが、本県でもその対応が必要ではと質問しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。