新型コロナ感染症の広がりで、様々な行事などに影響が


新型コロナ感染症の広がりで、様々な行事などに影響が出ています。

今日も学童保育などの実態と対策を聞く機会がありました。来週の初めには、県の30億円の新型コロナ対策の補正予算を議論する4つの常任委員会が開かれます。県民の不安解消の立場で取り組みます。

先日の衆院厚生労働委員会での宮本議員の質問に、学童保育1カ所あたり1日1万200円の補助を行うとの政府の通知について、「人件費や光熱費を考えると、足りないという声が出ている」と指摘。渡辺由美子厚労省子ども家庭局長は「追加の措置を検討していきたい」と答えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。