県土整備委員会夕方記念オケ宣伝に


今日は県土整備委員会の今年度最後の委員会でした。徳島市の文化センター跡地の県名義の土地の問題が、午前中集中審議。

徳島市からこの土地の埋め立てられる前に、県と徳島市の合意があったとの事実に基づく資料が出されたにもかかわらず、県は合意がなかったと。それではなぜ立体交差事業が実施できたのか、県が約束を反故にして、徳島市から無償譲渡されたこの立体交差事業の土地と徳島市に無償譲渡する予定の県有地、どちらも県が所有するということになります。「県名義で登記され、徳島市から異論はなかった」だけの答弁で、徳島市や市民が納得するはずもありません。

残された時間で汚水処理人口普及率全国最低の取り組みを質問。なんと前年度よりさらに予算が減ったとのこと、知事をはじめこの問題に正面から向き合う姿勢が見えません。

  17時半「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」の県庁前宣伝に、県議団揃って参加しました。

19日の本会議質問で「記念オケ疑惑」について取り上げた山田県議団長もマイクを握り、不透明な公金の流れ、複雑な仕組み、無名の音楽プロダクションの代表が、何故、異例の厚遇を受けるようになったのか等々、多くの疑惑に対し、知事は全く説明責任を果たさず、担当部長が長々答弁、次の日の徳島新聞にも掲載されました。質問に対してまともに答弁をせず、全く不誠実な態度に終始していると抗議しました。公文書の公開が不可欠です。

「全国の小中高に3月2日から臨時休校要請」新型コロナウイルス問題で安倍首相の突然の発表、現場での混乱は必至です。

控室にも「飯泉知事の対応はおかしい」との市民からのイカありの声も寄せられ、私にも直接その声が届きました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、上村 恭子さん、達田良子さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)、木、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、群衆、木、帽子、子供、靴、屋外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。