「新型コロナ感染四国で初確認」と


昨夜は県委員会の宿直、夜遅く県の健康づくり課から一斉メールが届きました。「新型コロナウイルス感染症の関する連絡」、23時15分から「徳島県危機管理対策本部会議」を開催し、その後記者会見を開くとの連絡でした。

「徳島でも感染者が出た」と思いました。

その後の連絡で概要を知りました。

新型コロナ感染四国で初確認

徳島県藍住町に住む60代の女性1人が四国で初めて新型コロナウイルスに感染したことが25日の夜、わかりました。
女性は集団感染が確認されたクルーズ船に乗船していて、発熱などの症状は出ていないということです。

徳島県によりますと、感染が確認されたのは藍住町に住む60代の無職の女性です。

女性は、集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に夫とともに乗船していたということです。

女性は船内で行われた検査では陰性で、今月20日に下船したあとマスクを着用してシャトルバスと電車それに航空機を乗り継いで徳島空港に戻り、空港からは自家用車で帰宅し、その後は自宅から外出していないということです。

女性に発熱などの症状は出ていませんでしたが、本人の希望で25日、「帰国者・接触者外来」を受診し、検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

一緒に乗船していた夫は検査の結果、陰性だったということです。

女性は26日から感染症対策の専門の病室がある県内の医療機関に入院する予定だということです。

四国で新型コロナウイルスに感染した人が確認されたのは初めてです。

徳島県の飯泉知事は25日夜、緊急の記者会見を開き、「手洗いやマスクなどの感染予防策を徹底したうえで、体調に異変がある場合には医療機関を直接、受診するのではなく24時間対応の電話窓口に相談してほしい」と述べ、県民に冷静な対応を求めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。