IMG_1269

県人口1年間で7975人減少


今日徳島県の推計人口年報が県統計データ課より公表されました。2019年1月1日から12月31日までの1年間で本県人口が7975人減少し、72万7281人との推計が報告されました。
1999年から21年連続の減とのこと。県下24市町村で、藍住町だけが増加していますが、その藍住町も含め自然動態では、すべての市町村で減少しているとのことです。
那賀町やつるぎ町などの町が1年間で丸々消えたことになります。
「地方創生」が言われていますが、人口減少や地域経済の対策として打ち出した「地方創生」は、東京一極集中が是正されて地方が元気になるどころか、行政サービスと公共施設等の「集約化」と「広域連携」へと誘導し、人口減少と地域の疲弊をますます加速させるものになっているように思います。くらしを支え、人間らしい生活を保障する政治、経済、社会への転換が急務です。
昼過ぎ私用で、県庁から西へ、徳島市中心部の両国橋東公園の早咲きの寒桜が見ごろでした。カメラを構える人たちも見受けられ、私もシャッターを押し、深呼吸。
そして控室へ戻りました。

IMG_1269 IMG_1260

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。