72420103_2395251774048407_2180426657045676032_n

高知県知事選、市民と野党の統一候補、松本けんじさんが立候補表明-ここで一緒に暮らそう、誰一人取り残さない県政へ-


 今日は県議団会議がありました。9月議会を振り返り、課題と今後の取り組みを協議しました。
 終了後達田県議と一緒に、台風19号の被災者救援募金に取り組みました。
 お昼のニュースでも「亡くなった方が77人、堤防の決壊も59河川90カ所」といわれていますが、被害の全容はまだわかっていないようです。
「被災された方々が、元気を取り戻し、安心して住み続けられる街をとりもどしていくためにも、みなさんのあたたかい支援が必要です。どうかご協力をお願いします」とよびかけました。「少しですが」と駆け寄って募金をいただいた青年などなど今日も温かいご協力をいただきました。

 本日2時から県知事選挙の記者会見、市民と野党の統一候補として、松本けんじさんが、立候補表明。「ここでいっしょに生きよう だれひとり取り残されない県政へ」をスローガンに、誰もが取り残されない安心県政をめざします。憲法アクションと松本けんじさんがむすんだ合意確認書を紹介します。自民党県政の復活を許しません。地方から市民と野党の共同をいっそう発展させます。なによりも松本さんで誰一人取り残されないあったか県政をつくります。よろしくお願いします^_^

2019年高知県知事選挙に関する合意確認書
-ここで一緒に暮らそう、誰一人取り残さない県政へ-

① 誰も取り残さない、一人ひとりの尊厳を大切にする県政
誰もが取り残されない安心県政、ジェンダー平等の推進、パートナーシップ条例の制定など、県民一人ひとりが尊厳をもって暮らし続けられる県政を築きます。

② 暮らしに確かな土台を――「『産業振興計画』プラス」の施策を
これまでの「産業振興計画」の積極面を「プラス思考」で発展させます。中小企業支援を強化し、最低賃金をただちに1000円に引き上げられる環境をつくります。一次産業や中小企業への支援強化、「ロスジェネ世代」への支援強化、非正規雇用の正規化を県として推進します。

③ 本気の子育て応援を
子ども医療費助成の拡充、妊産婦医療費助成の創設、国保の子どもの均等割の減免制度の創設、保育所と学童保育の充実など、子どもを産み育てられる環境を県として整えます。

④ 子どもを中心にした教育改革を
基礎的な学力をつけられる環境づくり、いじめや不登校対策のため、県版学力テストを廃止し、先生を増やし、学校現場の対応力を強化します。特別支援学校を拡充します。

⑤ どこでも誰でも暮らせる医療、福祉、社会保障を
公的病院は再編縮小ではなく充実させ、介護保険の保険料・利用料の軽減措置を国に求めます。実情を無視した国保の短期保険証や資格証明書の発行停止、地域包括支援センターの機能強化につとめます。

⑥ 命を守る防災の備えの加速化
住宅耐震化、住宅再建支援強化など、南海トラフ巨大地震対策を加速します。気候変動・地球温暖化対策を喫緊の課題と位置づけ強化します。安全性の確保されない原発の再稼働に反対します。

⑦ 憲法を生かした平和行政
米軍機の低空飛行訓練の中止を求めます。高知県の軍事化、核のゴミ捨て場の誘致はきっぱり拒否します。集団的自衛権を容認した安保関連法案の廃止の先頭にたち、安倍政権下での平和憲法の改悪はゆるしません。

2019年10月17日

2019年参議院選挙の市民と野党の13項目の協定を尊重するともに、以上の7つの重点政策の実現をはかる県政をめざし、高知県知事選挙をたたかいぬくことを確認します。

2019年高知県知事選挙予定候補者 松本顕治

戦争させない、戦争に行かない高知憲法アクション

72420103_2395251774048407_2180426657045676032_n

2019.10.17.山田、達田両県議が台風災害募金 (7) 2019.10.17.山田、達田両県議が台風災害募金 (5) 2019.10.17.山田、達田両県議が台風災害募金 (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。