今日で9月議会の委員会質疑終了


今日で、9月徳島県議会の委員会審議は基本的に終了しました。

地方創生特別委員会での私の質問は、
1、 鉄道高架事業について
・鉄道高架事業の着工準備採択から12年が過ぎました。此の間2億5千万円が支出されましたが、2015年度から昨年度までは1円の支出もされていません。今年も5千万円予算化されていますが、執行できる環境にはありません。
・知事は2014年度に都市計画決定を公約し、2015年度には、新町川南の1期工事を2016年度に着手を公約していました。徳島市の芸術・文化ホールの駅西中止が、鉄道高架にも影響を及ぼしています。不要不急の鉄道高架事業は、中止を求めました。
2、 地域公共交通ビジョン骨子案について
県内バスの輸送人員は、S63には2091万9千人がH29には492万人(76%減)
鉄道は、S63には6324万6千人が、H28には4603万6千人(27%減)
タクシーは、S63には1237万6千人が、H28には461万8千人(63%減)
今後の取り組みなどを質問しました。
3、 消費者庁問題
消費者庁の全面移転を目指す徳島県、しかし国会対応、司令塔機能は全く検証されていません。消費者教育や行政を徳島で進めることは必要です。しかし全面移転はするべきではありません。来年度の概算要求で、徳島オフィスは、増員・増額にはなっていないことも明らかになりました。
他今回の補正予算103億の1割にあたる10億円の「地方大学・地域産業創生事業」についても質問しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。