動議img20180704_19012496

党県議団3人と和の会の長池議員の4人で「参考人招致を求める動議」を提出!!


今日7月4日は、73年目の徳島大空襲の日、徳島市が米軍機の爆撃を受け、約千人の尊い命が奪われました。「当時11万人余りいた市民のうち約7万人が家を失うなど被災した」という報道を見ました。二度と再びこんな戦禍を起こさないためにも、憲法9条を守る決意を新たにしました。
今日は議会運営委員会、明日の閉会日の議事順序などを協議しました。私たち日本共産党県議団3人と和の会の長池議員の4人で、とくしま記念オケ疑惑の中心的人物であるアンサンブル・セシリア元代表の川岸美奈子氏を次の9月定例会に「参考人招致を求める動議」を提出しました。
「知事と旧知の間柄といわれる川岸氏が、県民への謝罪も説明も全くされていない。県民の前で真実を語れ」との声が出されます。
その県民の記念オケ疑惑の解明を、知事が果たさないなら県議会が果たすべきとの協議の中、動議の提出をきめました。

「テレビでも報道していたよ」、「中途半端でなく徹底的に記念オケ疑惑の解明を期待しています」との激励もいただきました。

これから明日の「参考人招致を求める動議」の提出者説明をまとめます。

なお明日は、6月定例会の閉会ですが、問題ある議案や請願の採択を求め達田県議が討論に立ちます。

動議img20180704_19012496

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。