IMG_3017

病床使用率50%超えの異常事態です。

週初めは、コロナ対策チームの会議でした。

われわれの周辺の方も陽性になられたり、濃厚接触者になるなど感染急拡大を肌で感じます。そして検査の問題、パルスオキシメータが届きませんなどなど様々な声をいただいています。それらの声を出し合いながら、10日の県への申し入れを協議しました。

今日の発表で、新型コロナウイルスに感染したのが725人、医療機関が休むのが多く、感染者が最も少なくなる月曜日なのに急拡大を示しています。

病床使用率が現在の病床数となった昨年12月以降で初めて50%を超えたとのことでした。国立病院機構徳島病院(吉野川市)などでクラスターが4例発生したとのことです。入院患者は前日から6人増の133人で、病床使用率は2・3ポイント増の50・6%に上昇。県民に警戒を促す「とくしまアラート」で、発令中の「感染警戒(レベル2)前期」より2段階上の「特別警戒(レベル3)前期」の発動基準(50%以上)を満たした。重症者用の使用率は12・0%のままで、「感染警戒前期」の基準(15%以上)を下回っていますが、県民への警戒を呼びかけを強化することが必要です。「重症者用の使用率が低いから」と知事は言いますが、感染者がこれだけ増えれば、重症者も増えます。専門家も「新規感染者が急拡大した後、重症患者は後追いで増える。増加した後に大変だと騒いでも手遅れだ」と、感染者を増やさない効果的対策と警戒を県民に示すべきです。 自宅療養者は6052人、入院と宿泊療養を含めた全体の療養者は6375人で、いずれも過去最多を更新とも報道されました。

猛暑が続きますが、窓ガラスにしがみつく?セミの姿をパチリと。

IMG_3017