hikouki

コロナ急拡大の中、県職員らが青森チャーター便に

 驚きです。先週の26日から2泊3日で、エアトラベル主催の徳島空港発の青森チャーター便が運航され、一般旅行者44人と共に県職員など26人が参加したとのことでした。その模様を担当課に聞きました。
 徳島でもオミクロンで新規感染者が、過去最多を更新、青森でもまん延防止等重点措置(弘前市に)が出されていました。
 そのチャーター便に、県職員23人と県関連の3人が同乗、観光ではなく、徳島のヒト・モノ・観光・物産など徳島PRのためということです???
 一人当たり公費で8万8千円総計228万8千円、このチャーター便には、チャレンジフライトとして60万円の助成もあったそうです。「密にならないように工夫した???」といいますが、それならコロナ終息後堂々と行うのがPR効果からも当然ではないでしょうか。
 県民がコロナ禍で不安を持ち、各関係者も苦労しながら取り組んでいる最中での、今回のチャーター便への県職員の同乗は県民の理解は到底得れません。
 複数部局からの参加ですから。この計画の最終判断をしたのはトップだと思います。県民視点のない今回の問題を、今日から事実上始まった2月議会で取り上げます。
 当初このフライトは、双方向で行う予定だったとのことでしたが、今回は青森から徳島へは飛べなかったそうです。
hikouki
273007961_1924143041102425_6241285924821801320_n

原発ゼロ徳島連絡会の学習会&総会に

 午前中は、加茂名地域を支部長さんと共に訪問しました。近くの学校での休校の話しやリコール署名の取り組み、参院選へのご支援をお願いしました。
 午後には、原発ゼロ徳島連絡会の学習会&総会に会場に参加、オンラインでの参加もありとても良かったです。
 気候ネットワークの豊田陽介さんが「原発ゼロでも達成できる脱炭素社会」のお話しは、豊富な資料とわかりやすく、丁寧な報告でとても参考になりました。
 再エネに対する疑問にも、的確な説明をいただきました。
 総会で、私も引き続き役員の一人として力を尽くします。
 今日も127人が新型コロナウイルスに感染していることが確認、100人を超えるのは5日連続です。鳴門病院では、医師1人の感染が確認され、30日、救急、外来、入院の受け入れを停止とのこと、また、県内の中学校、医療機関、高齢者施設関連、それに社会福祉施設で、新たに4つのクラスターの発生が確認されたとのことです。
273007961_1924143041102425_6241285924821801320_n 273027352_1924143424435720_6736472651857964348_n 272873919_1924145594435503_67029134171876454_n

徳島市内の無料検査できる場所を紹介しながら

今日も国府地域で、市長リコール署名と参院選勝利への協力のお願いに回りました。

 その中で、今日も163人の新規感染者のことも話題になり、PCR検査などの無料検査のことも聞かれました。赤旗日刊紙を購読いただける方もできました。
 昨日も同様なことがあったので、市内の現在検査できる場所を紹介しながら回りました。
ワクチン・検査パッケージ等検査促進事業 実施事業者一覧 (R4.1.29現在) 徳島市内分
○三谷薬局 徳島市幸町3丁目37 088-652-8421 抗原定性検査
○クエリ調剤薬局 徳島市寺島本町東3-5-1 プライム3F 088-657-0918 抗原定性検査
○伊月病院 徳島市徳島町2丁目54番地 088-622-1117 抗原定性検査
○木下グループ新型コロナPCR検査センター徳島店 徳島市八百屋町2-21-1 “03-4333-1640※事前予約制
※平日12:00~17:00のみ” “抗原定性検査・PCR検査”
○三谷薬局 渭北店 徳島市吉野本町1-13 088-622-1570 抗原定性検査
○三谷調剤薬局 徳島市南内町1丁目7 088-679-7484 抗原定性検査
○えもとこどもクリニック 徳島市北沖洲3丁目1-24 088-664-8580 抗原定性検査
○豊田内科 徳島市住吉2丁目2-35 088-654-5217 抗原定性検査
○つるがや薬局 徳島市大道1丁目5番地の1 088-622-4027 抗原定性検査
○三谷調剤薬局 佐古店 徳島市佐古四番町10番9号 088-611-3435 抗原定性検査
○みやもと内科クリニック 徳島市蔵本町3-26 088-634-3551 抗原定性検査
○医療法人 愛育小児科 徳島市国府町桜間字登々路8番1 088-643-1205 抗原定性検査
○むくの木クリニック 徳島市国府町東高輪353番地の1 088-624-7575 “抗原定性検査・PCR検査”
○たまき青空病院 徳島市国府町早淵字北カシヤ56-1 088-642-5050 PCR検査
○医療法人徳松会 松永病院 徳島市南庄町4丁目63番地1 088-632-3328 “抗原定性検査・PCR検査”
○吉村内科小児科 徳島市沖浜2丁目1 088-626-3002 抗原定性検査
○オリーブ薬局 沖浜店 徳島市沖浜3丁目65 088-677-8680 抗原定性検査
○”ビザン臨床検査センター株式会社
沖浜受付センター” 徳島市沖浜東2丁目39番地 “088-626-9383
※事前予約不可” “抗原定性検査・PCR検査”
○くどう内科クリニック 徳島市城南町4丁目1-5 088-652-1815 抗原定性検査
○博愛記念病院 徳島市勝占町惣田9 088-669-2166 “抗原定性検査・PCR検査”
○医療法人平成博愛会 徳島平成病院 徳島市伊賀町3丁目19-2 088-623-8611 “PCR検査等
(抗原定量検査含む)”
○天心堂薬局 徳島市八万町法花谷272-2 “088-669-3931
(時間外は080-2977-9464)” 抗原定性検査
○株式会社スペック 徳島市川内町沖島85-1 088-666-3337 PCR検査
○アイ調剤薬局 川内店 徳島市川内町平石住吉320-1 088-637-1063 抗原定性検査
272807008_1922601201256609_4066354556355637680_n

県内4日連続での過去最多の更新、全国でも8万人超

 担当課から4日連続での過去最多の更新160人の感染者確認との連絡が入りました。
 夕方山本千代子さんと参院選への支援、リコール署名への協力、日曜版の購読をお願いする訪問活動をしました。
 今日県内で160人の感染者が出たことは、ほとんどの人が知っていましたが、無料検査のことはあまり知られていませんでした。やはり周知が不足しているようです。
 今朝の徳島駅前でのおはよう宣伝、昨日の発表では、全国でも8万人近い新規感染者、徳島でも3日続けての最多感染者、オミクロン株の感染が急拡大している状況を報告しました。
 今朝の赤旗でも報道されているワクチン3回目(ブースター)接種の遅れと検査ひっ迫という「二つの遅れが非常に深刻だ」と述べ、「どちらも政府の対応に重大な責任がある。厳しい反省にたって、現状の打開に全力をあげることを強く求めたい」と訴え、県への緊急申し入れも紹介しました。
 また2年連続の年金カット、食料品や灯油代、電気・ガス代などの物価上昇が家計を圧迫している中での年金カットは、高齢者の暮らしに一層の打撃となります。岸田政権は、75歳以上の医療費窓口負担の2倍化も10月から実施する構えです。。生活実態を踏まえずに、年金削減と負担増を強いることは許されません。
 そして全労連と共同する労働総研の試算では、2020年度末の企業の内部留保は704・3兆円で、GDPの1・3倍にもなります。2万5000円の賃上げは内部留保の2・80%、最賃1500円は2・98%を原資にすれば実現できます。それらによって国内生産額は75・13兆円押し上げられ、税収も7・07兆円増えます。内部留保は、労働者の犠牲と大企業優遇策でため込んだものです。その社会への還元は、要求の切実さと正当性からも、経済的合理性からも必要不可欠だと訴えました。
272807008_1922601201256609_4066354556355637680_n 272969824_1922601511256578_1113090300177122963_n 272935168_1922601274589935_6608027165518823742_n
山田豊だより2022 1 30 NO154

今日も過去最多の141人の新規感染者が

  今日県内では、3日続けて過去最多の141人の新規感染者が確認されたとのことです。1月の感染者数は、958人となり、これまで最も多かった昨年8月の954人を上回りました。
 昨日発表で過去最多の109人が新型コロナウイルスに感染していることが確認、県内で1日の感染者が100人を超えるのは初めてと書きましたが、それも上回る今日の感染者数です。
 昨日は、自宅療養者も県の最大想定の7倍の281人に急増、宿泊療養施設(トータル収容450人)に対し246人の入所と報道がありました。今日時点で病床使用率は26・2%となり、療養者数は過去最多の677人、県が昨年まとめた最大想定の605人を上回りました。宿泊療養施設の収容人数も500人と増やしたとのことです。
 今週号の「こんにちは山田豊です」を作成したのは、火曜日だったので、その後もオミクロン株が県内でも、全国でも急拡大です。今週号のニュースでは、コロナ対策の申し入れとその後の県からの報告をまとめました。
 私もPCR検査を受けましたが、陰性署名書が届きました。
山田豊だより2022 1 30 NO154
272761226_1921475961369133_7066202759031999543_n

とくしま記念オケ問題で議長に申し入れ

 徳島県議会の我が会派を含め3会派5人の県議で、議長に対し、徳島記念オケ疑惑での理事者の不誠実な答弁を、繰り返させないようにと申し入れをしました。
 記念オケ事業では、過去の本会議質問でも理事者の不誠実な答弁により質問時間が浪費され、地元紙などで批判されたこともありました。
 昨年11月県議会の総務委員会でも、刑事確定記録の内容を示して、東条議員や委員外での逹田議員の質問にも、まともに答えない不誠実な答弁が繰り返されました。
 県民の負託に応えるためにも、誠実かつ中身のある議論が行われるよう、知事はじめ理事者側に厳しく申し入れて欲しいと要請しました。
 今日県内では、最多の三桁の新規感染者109人が確認されました。
272761226_1921475961369133_7066202759031999543_n
271889427_1915482231968506_6130284422614667628_n

県内では新規感染者が92人とまた過去最多を更新

県内では新規感染者が92人と過去最多となり、全国でも初の6万人を超えたとの報道もありました。県から2つの報告がありました。

一つは、今日現在、県内43カ所の薬局、クリニックや病院、検査センター等で、抗原定性検査またはPCR検査のどちらかを誰でも何度でも受けることができるようになっています。昨日の報告より実施機関が減っています。

 1月23日現在抗原定性検査またはPCR検査の実施件数は、6587件、そのうち6割近くがPCR検査という報告を受けました。
 もう一つは昨年4月1日から今年1月23日までで、県内の陽性者数は、3361人ですが、県内6保健所のうち徳島市・鳴門市・板野郡・小松島市を管轄する徳島保健所では2666人と8割近くとの報告も担当課からいただきました。県庁所在地で、市立の保健所がないのは、全国で佐賀市と徳島市の2市のみ。徳島保健所の負担軽減を図り、市民・県民のいのちと健康を守るためにも、徳島市に保健所設置を急いで検討すべきではないでしょうか。
 今朝は定例のおはよう宣伝。私はオミクロン株急拡大による県への緊急申入れを報告、3回目のワクチン接種早期実施、無料でのPCR検査や抗原定性検査の拡充、周知、全国の県庁所在地で保健所がないのは佐賀市と徳島市だけ、保健所体制強化が必要です。
 わたなべ市議は市長リコール問題について述べました。
 住民の命と健康、暮らしをまもることは政治の最優先課題、待ったなしです。
271889427_1915482231968506_6130284422614667628_n 272278811_1920468574803205_4044977634506113890_n

オミクロン株急拡大 緊急の申し入れ

 新型コロナウイルス感染症の第6波が始まり、徳島県でも1月3日に51日ぶりに新規感染者が確認されて以降、瞬く間に感染者が急増しました。
 22日には過去最高の80人へ、クラスター発生も相次ぎ、「とくしまアラート」もレベルⅡに引き上げられています。
この事態を受けて、日本共産党県委員会と県議団は、本日、県に緊急の申し入れを行いました。
 申し入れの内容は、検査に関すること、3回目のワクチン接種の前倒しについて、医療、保健所体制について、コロナ感染後の後遺症への対応に関する内容の7項目に絞りました。
 鎌村感染症・疾病予防統括監をはじめ、感染症対策課、ワクチン・入院調整課、長寿生きがい課、薬務課の各福課長が対応してくださり、私たちの疑問や意見にも丁寧にお答えいただきました。
 これまで、私たちが感染拡大防止に欠かせないと何度も要望してきた無症状者への無料検査が実現し、1月5日から実施されています。現在、県内46カ所の薬局、クリニックや病院、検査センター等で、抗原定性検査またはPCR検査のどちらかを誰でも何度でも受けることができるようになりました。1月5日~16日で、抗原定性検査は1390件、PCR検査は1279件、合計で2669件実施され、陽性は数件とのことでした。陽性が出た場合は、検査実施事業所から本人に医療機関受診を勧める等の対応を行い、県も陽性者の把握を行ってフォローしているとのことでした。
 地域によっては、抗原定性検査しか受けられないので、PCR検査もできるようにしてもらいたい、ネット環境が利用できない県民への周知も工夫して、さらに県民に広く知らせてもらいたい等の要望も伝えました。
 県も検査実施事業所を70カ所まで増やす予定で働きかけていること、無料検査について、地元紙への掲載をはじめ、自治体にも広報をお願いしているとのことでした。
 やむを得ず自宅療養されている方には、かかりつけ医やサポート薬局等への紹介を行い、保存食や飲料水、生理用品等の支援セットを配達する等の支援も行っているそうです。
 医療体制、保健所体制等も心配なところです。発熱外来の体制支援への補助金の復活や診療報酬引き上げなど、医療機関への財政支援については、国に、提言や要請を行っていくとのことでした。
 徳島県内には、6つの保健所がありますが、徳島市、小松島市、板野郡等最も人口の多い地域を管轄しているのが徳島保健所です。県も保健所への支援体制を組み、6保健所全体で180人体制で取り組んでいるとのことでしたが、この際、恒常的な体制確保が必要ではないか。県庁所在都市で市立の保健所がないのは、全国で佐賀県と徳島県の2県のみ。徳島保健所の負担軽減を図るためにも、徳島市に保健所設置を働きかけてはどうかとの話も出ました。(この問題は、かつて県議会本会議質問でも取り上げたことがあります。)
今後も、感染状況の推移を見ながら、必要な要請、提案を行っていきたいと思います。業務多忙にもかかわらず、時間をとって対応いただいた県職員のみなさん、ありがとうございました。
(写真は、左から 山田県議、上村県委員長、達田県議、私、鎌村統括監)
272544077_2996128210598855_4394136265680962917_n

雨の中52回目のほっとまんぷくプロジェクトが

事務所の宿直明け、雨の中でのまんぷくプロジェクトのための野菜やコメなどが所狭しと並んでいました。

徳島大学横で、52回目のほっとまんぷくプロジェクト、一昨年の6月から始めてますが、これだけ本格的な雨は始めて、冷え込む中それでも多くの学生が参加していたとのことでした。

今日は22年目の第十堰123、住民運動のパワーを示しました。

272544077_2996128210598855_4394136265680962917_n 272325473_2996128247265518_5846291448641666882_n

272404197_1918591141657615_1064546295804353690_n

折り入って訪問に

 今朝は、地元の読者訪問でおりいって行動。参院選へのご支援のお願い、9条改憲NOの署名、市長リコールの協力のお願いなど、いつもより時間がかかり数軒しか回れませんでした。
 途中、珍しい植物と遭遇、節ちゃんはヒカゲノカズラだよと説明、私は知りませんでしたが写真を撮りました。
 午後は、市民劇場の例会に、劇団青年座の「横濱短編ホテル」を観ました。とてもよかったです。
 今日は全国で初めて5万人を超える新規感染者、県内でも過去最多の80人の新規感染者、抜本的対策が必要です。
272404197_1918591141657615_1064546295804353690_n 272368017_1918591164990946_2987251535066869133_n