歴史的総選挙スタート

 歴史的総選挙スタートの今朝は、徳島2区の久保孝之候補の出発式からスタート。久保候補が力強く選挙公約と日本共産党の値打ちを語り、私も県員会を代表して今回の総選挙のキーワードは政権交代ですとあいさつしました。
 すぐに県事務所に戻り、政党カーに乗り、徳島駅前へ直行しました。
白川よう子四国比例候補の出発式、白川さんの迫力ある訴え、参加者はじめ多くの皆さんから激励の拍手が大きく響きました。新社会党の高開県本部委員長、野党共同候補として私たちも応援する仁木博文候補の選対本部長の長池県議からもあいさつをいただきました。
 最後に比例は日本共産党の支持を大きく広げ白川さんを国会へ、1区は仁木博文候補の勝利めざして、バス停・JR前などで聞いていただいた参加者と共に団結ガンバロウで終了しました。
 その後その政党カーで、私が弁士になり徳島市内や石井町など11カ所で街頭演説をしました。
政治が変わる時、1・2・3・4ではなく1・5・10・100・1000と幾何級数的に変わります。まさにその時です。
 途中徳島県那賀町議選で日本共産党公認の 新居敏弘氏の無投票当選が決まったとの連絡があり、幸先のいい勝利です。