総選挙公示前の日曜日、音の出る宣伝を最後まで

 宿直明けの今朝は、川内地域での総選挙に向けた街角トーク、見田市議と共に訴えました。
 雨が降ったりやんだりのあいにくの天気でしたが、「白川さんを国会へ」の熱気あるつどいになりました。
 その後街頭宣伝、そして第55回徳島県生連定期大会に来賓あいさつ、今朝の地元紙に生活福祉資金の貸し付け率が徳島県が全国最下位との全生連中央の資料や竹田事務局長のコメントが紹介されていたことも紹介し、「政権交代」の総選挙、自公政治を退場させ、新しい日本への政権交代実現させましょう、会員さんなどに支持の輪を広げてくださいとあいさつしました。
 その後日が暮れる18時ころまで、音の出る宣伝に回りました。総選挙公示直前の日曜の夕暮れ時ということもあって、わざわざ出てきてくれたり、住宅の窓から拍手や大きく手を振る激励などなど感激しました。一服後知り合いの方々に、電話で指示を広げてくださいの声かけ、「わかったよ、20人くらいに頼んでみるよ」などの激励もいただきました。