白川さん迎え自治体労働者後援会のつどいが

 日本共産党自治体労働者徳島県後援会が今日、白川よう子衆院四国ブロック比例候補を招き「『野党連合政権を語る会』~総選挙で統一候補と共産党比例代表を躍進させよう~」と題した『集い』を開き、私も参加しました。
 白川さんは「全国一定数の少ない四国比例で日本共産党が議席をとれば、間違いなく党も躍進するし、野党共闘も勝利する。この1議席は日本の政治を変える議席だ」と力強く決意を語りました。
 私も県内の動きも紹介しながら、菅政権を退場させ、新しい日本の政治を実現するための党躍進と勢いを示す取り組みなどを報告しました。
 この後援会は昨年12月に総会を開き、対話・得票目標と、その達成のために地域・職域ごとに単位後援会結成する方針を決定。これまでに3つの地域の自治体労働者後援会の単位後援会を結成し、後援会の加入を勧め希望ある日本の政治に転換させようと意気高く取り組んでいます。
 午後には国府地域での集い、夜は加茂後援会の役員会に参加し、総選挙で白川さんの勝利と野党連合政権をと訴えました。
1人以上、立っている人の画像のようです