握手代わりの肘タッチ、最高

徳島市の名東地域、上八万地域での「白川よう子さんを囲むつどい」が開かれ私も同席しました。

 総選挙の可能性が広がる中、比例代表で17年ぶりに日本共産党議席を実現させ、四国の衆院議員全員男性の一角を崩し女性議員の誕生を、白川さん当選で市民と野党の希望ある政治の転換をという期待の声が広がり、白川さんも、ユーモアを交えながら真剣さ、迫力がある報告、拍手です。
 短い時間でしたが、徳島は四国最多の感染者の急増、死亡者も急増し中四国最多になったコロナ対応、総裁選、自公政治の行き詰まり、赤旗日曜版のJCJ大賞、白川さん必勝の方法などなど活発な意見も交わされました。
 上八万のつどいでは、読者の女性が入党申込書を書いての参加、白川さんなどの訴えを聞き「今がんばり時や」との決意も語られ、3人で握手代わりの肘タッチ、残ったみんなで拍手が巻き起こりました。
 総選挙での共産党の躍進で、『安倍政治』を終わらせ、決着をという気迫のこもったつどいになりました。
いいね!
コメント
シェア